四季らぼ

年末ジャンボ宝くじ発売日はいつから?買い方とコツ!縦バラについて解説

kuchan

年末恒例のジャンボ宝くじの時期が
やってきました。TVのCMでも小市民
の心を煽る事この上ないです。

 

 

老若男女、宝くじを買うのに年齢制限は

ありません。毎年高額当選者がたくさん

出る売り場は長蛇の列ができます。

 

 

山ほど購入して台車で運んだりする人

もいるほどです。しかし普通はそんなに

大量に買うなんて事はできません。

 

 

それなら限られた購入枚数をどうしたら

当選に近づけるかを考えてみましょう。



Sponsored Links

 ジャンボ宝くじの種類

 

ドリームジャンボ宝くじ 5月発売
サマージャンボ宝くじ  7月発売
年末ジャンボ宝くじ   12月発売

 

 

上の3種類のジャンボ宝くじは追加発行
されますがオータムジャンボとグリーン
ジャンボは枚数が決められています。

 

 

そのため「ジャンボ」となっていますが
3種類のジャンボ宝くじとは区別されて
います。

 

 年末ジャンボ宝くじ

1406296580895ude

 

 

 

■発売日 平成26年11月21日(金)~12月19日(金)

 

■抽選日 平成26年12月31日(金)

 

■販売金額 1枚300円

 

■購入場所
全国宝くじ売り場(チャンスセンター)
みずほ銀行や一部の地方銀行のATM

 

 

■当選金額

 

《年末ジャンボ宝くじ》
1等 (49本)・・・・・・5億円
1等前後賞 (98本)・・・1億円
1等組違い賞 (4851本)・10万円
2等 (98本)・・・・・・2000万円
3等 (4900本)・・・・・100万円
4等 (49000本)・・・ ・5万円
5等 (490万本)・・・ ・3000円
6等 (4900万本)・・・・300円

 

 

《年末ジャンボミニ7000万》

1等 (190本)・・・・・7000万円
2等 (380本)・・・・・700万円
3等 (3800本)・・・・ 70万円
4等 (19000本)・・・・7万円
5等 (38万本)・・・・ 7000円
6等 (1900万本)・・・ 300円

 

 

 

■当選金の支払い方法

 

  • 当選金額 1万円以下
    全国宝くじ売り場
    みずほ銀行他、受託銀行の窓口

 

  • 当選金額 1万円を越えた額
    みずほ銀行他、受託銀行の窓口

 

  • 当選金額 50万円以上
    みずほ銀行他、受託銀行の窓口
    本人確認ができる書類要

 

  • 当選金額 100万円を越えた額
    みずほ銀行他、受託銀行の窓口
    本人確認ができる書類と印鑑要

 

 

 

■当選金支払い期間

 

支払い開始日から1年以内。

それを経過してしまうと受け取れません。

 

時効になった当選金は宝くじの収益金と
同様公共事業に役立てられています。

 

 

 

※ 年末ジャンボ宝くじはネットで購入する

こともできます。

 

みずほ銀行のインターネットバンキング

への申込みが必要ですが購入から当選時

の支払いまでネットでの操作だけで完了

します。

 

 

みずほ銀行 宝くじサービス詳細

 




Sponsored Links

年末ジャンボ宝くじの買い方

くじ

 

 

 

年末ジャンボ宝くじの抽選番号は

「組」と「6桁の番号」で出来ています。

上の画像の右側の下線の部分です。

 

 

 

宝くじの買い方には「連番」と「バラ」という

買い方があります。

 

 

 

宝くじ売り場では先に書いたように1枚で購入

する事もできますが、年末ジャンボ宝くじ等は

まとめて購入する人がほとんどです。

 

 

 

まとめ買いのために通常10枚1組でセットに

なっています。なので例えば

 

 

 

「10枚下さい。」と売り場で言えば

「バラにしますか?連番にしますか?」

と聞かれます。

 

 

 

「連番」とは?

10枚が「組」が同じで数字が連続しているセット。

「バラ」とは?

10枚が「組」が違い数字も連続していないセット。

 

 

では、連番にするのとバラにするのとどういう

違いがあるのでしょうか。

 

 

1枚に対する当選確率は連番でもバラでも同じ

ですが連番で購入する人はより多くの当選金額

を狙っているのです。

 

 

上記の当選金額を見てもらえばわかるように

年末ジャンボ宝くじには「前後賞」というの

があります。

 

 

連番購入してその中の1枚が1等当選すれば

5億円その前後まであわせればプラス2億で

合計7億円当選ということになるわけです。

 

 

 

さらに通な買い方として「縦バラ」という

ものがあります。

 

 

「縦バラ」とは?

縦バラは1セットではただのバラ買いと同じ

ですが複数セット買うことで組と番号をつな

げて連番にする買い方です。

 

 

ccc

 

 

 

図のように3セット購入すれば同じ組の3連番が

10パターンできることになります。

 

 

要する連番とバラのいいとこ取りという感じ

ですね。

 

 

確率的にはこの買い方が有効らしいのですが

もしそれが事実なら普通にバラで30枚より

縦バラで購入してみるのもおもしろいかも。

 

 

宝くじの当たりやすい買い方のコツは連番に

するかバラにするか迷ったら縦バラにする

というのを自分なりの結論にしようと思います。

 

 

 

確立の分母が大きすぎてめまいがしそうですが

究極のコツは買わなきゃ当たらないということ

ですね。d(ˆˆ)

 

まとめ

img4

 

 

さてさて、ここまで書いてきて今年は
年末ジャンボを買うのか買わないのか
いまだ迷っている自分です。

 

 

自分は宝くじよりロトやナンバーズ派
なので基本、ジャンボ宝くじあまり買う

事はありません。

 

 

昨年の暮れに夫婦で四国に旅行した時に
旦那さんが行こうというので香川県にある
「銭形砂絵」を見に行きました。

 

 

飛ばされそうな強風の中、有明浜に作ら
れた大きな銭型を近くの高台から拝ませ
てもらいました。

 

 

その数日後、旦那さんに臨時収入が入
ることになりました。額は大したこと
ないのですが確かに少し潤いました。

 

 

宝くじのいいところはもちろん当たれば
大金持ち (ˆˆ) でも当たらない人がほとんど。
なのになぜ買う人が多いのか。

 

 

それは夢と希望なんですよね。人間は夢
と希望があれば生きていけるんじゃない
かと言っていいほど大切なのもです。

 

 

年末にこの一年頑張った自分へのご褒美
に大きな夢を買ってみても良いのでは?



Sponsored Links

 

その他

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る