四季らぼ

簡単手作り!オリーブオイル石鹸の作り方

handmade2low

石けんって油で出来ているって事は
知っていました。ということは油で
油を洗うのか?

 

 

目には目を、歯には歯をっていうのと
同じでしつこい油汚れは油で落とす?

 

 

などと低レベルな想像が頭をぐるぐる
回ってても何の知識にもならないので

 

 

今回は手作り石けんについて調べました。
油といっても廃油もあれば高級オイルも
いろいろあります。



Sponsored Links

 

基本の手作り石鹸の作り方

 

《材料》
オイル
オリーブオイル・・・360g
ココナッツオイル・・90g
パームオイル・・・・50g

苛性ソーダ・・・・・61g
精製水・・・・・・・175g

 

 

 

 

《道具》
牛乳パック
計量カップ(プラスチック)
ボウル(大2つ・小1つ)
温度計2つ
ステンレスのスプーン
空きビン・ゴムベラ・泡だて器
ゴム手袋・マスク

 

 

 

 

《作り方》
① 牛乳パック2個を頭の部分を切り落とし
舟形になるように組み合わせて箱型を作る。

 

 

② 苛性ソーダ水溶液を作る。

 

ioooo

 

 

 

苛性ソーダを精製水に少しづつ加えて
ゆっくり混ぜながら溶かす。

 

 

この作業では化学反応で蒸気が上がり
温度も急上昇します。

 

部屋の換気を良くし、マスクとゴム手袋を
着用して、火傷と水蒸気を吸い込まないよ

に気をつけてください。

 

 

 

 

③ オイルを混ぜる。

オリーブオイル、パームオイル、ココナッツ
オイルをボウルに入れて混ぜます。

 

 

 

④ 混ぜたオイルは湯煎で温め、苛性ソーダは
氷水に容器ごとつけて冷やし両方の温度を
40~50℃の間ぐらいで合わせる。

 

111

 

 

 

⑤ 両方の温度が同じになったら、オイルの
入ったボウルの方に苛性ソーダを少しづつ
入れて混ぜていきます。

 

 

 

⑥ 20分くらいかき混ぜ続けると白っぽく
なって硬くなってきます。このまま一晩
置きます。

 

222

 

 

 

⑦ 一晩置いたものを、型に入れたら空気を
抜くためにトントンと型ごとを軽く落とし

 

 

型が広がらないようにセロテープなどで
型を固定します。

 

 

それを発泡スチロールやダンボールに入れ
毛布をかけて保温する。

 

e0092362_0372363

 

 

 

⑧ 翌日、型から出して使いやすい大きさに
カットしたら間隔をあけて並べ直射日光を
避けた風通しの良い場所で1ヶ月保存します。

 

 

 

完成して硬くなった石鹸は缶などに入れて
紫外線が当たらない場所で保管して下さい。

 

trr

 

 

 

 

★ 注意
苛性ソーダは白い結晶で素手で触れると危険
です。

 

作業中は意識して危険回避しますが、作業後
の片付け時も要注意です。

 

苛性ソーダを扱うときは白い容器は避けます。

 

それは溶け残りがあっても見えにくく油断し
て触ってしまう危険があるからです。

 

透明のわかりやすい容器を使いましょう。

 

 

 

 

【動画】石けん作りの手順動画

 

 




Sponsored Links

重曹と米ぬかで作るキッチン用石鹸

こめぬか

 

 

 

《材料》

米ぬか・・・・200g
重曹・・・・・20g
水・・・・・・600cc

 

 

 

 

《作り方》

① 水を沸騰させ、重曹を入れます。
泡が小さくなったらOK。

 

 

② ①に米ぬかを少しづつ加えながら10分
程度混ぜたら完成です。

 

 

この時だんだん中身が膨れてくるので
大きめの鍋を使い、途中水分が足りなく
なったら水を少し加えてください。

 

 

③ 冷めたら容器に入れて固めます。

 

 

 

★ point
米ぬか石鹸は泡立つことはありませんが
食器や鍋などの油汚れも落とすことが
できる安全な石鹸です。

 

 

乾燥させればある程度固まりますが
密閉容器で冷蔵庫に保存して

 

 

やわらかいままをお茶パックなどに
入れて使う方法が一番使いやすいです。

 

 

 安全な手作り石鹸の素と廃油で作る

 

うい

 

 

 

《材料》

廃油・・100cc
水・・・50cc
手作り石けんの素
「まぜたら石けん」・・80g

 

 

 

 

《作り方》

① 500cc用の空のペットボトルに廃油
を入れます。

 

 

② 次に「まぜたら石けん」を入れます。

 

 

③ 水50ccを入れます。

 

 

④ しっかりふたを閉めて、3分間上下に
フリフリする→30分休憩 を2回繰り返
し中身が白くなってとろみが出てきます。

 

 

⑤好きな型に移して24時間で表面の部分
は使えるようになります。

 

 

内部が完全に使えるようになるには数週間
掛かります。

 

 

 

★ point
苛性ソーダなどの危険物を使用しない
ので子供でも安全に楽しく石鹸作りを
楽しむ事ができます。

 

 

引用元:天使の手作り石けん

 

 

まとめ

102408985-crop

 

 

巷に溢れるいろんな商品をみなさんは
どこまで理解して購入していますか?

 

 

例えば私達が普段使うためにお店で購
入するソープ類に使われている成分を
どこまで詳細に確認するでしょうか。

 

 

アレルギー体質や皮膚の弱い人は商品の
裏書きや成分表を細かくチェックします。

 

 

本来なら健康な自分達も常に使うものの
含有成分くらいは知っておくべきです。

 

 

有名ブランドのコスメでも時には健康被害
がでたりする事例があります。

 

 

自分の身は自分で守るという心構えは必要
でしょうね。



Sponsored Links

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る