四季らぼ

ラッピングリボンの簡単な結び方作り方

top

誕生日やお祝い、クリスマスとプレゼ

ントの機会は1年に何度も訪れます。

 

 

特に女子はプレゼントするのも、もらう
のも大好き。

 

 

ラッピングは大切でプレゼントの中身の
価値を2倍にも3倍にもしてくれます。

 

 

きれいにリボンを掛けてあなたの心を
届けましょう。



Sponsored Links

 

基本のクロス掛け

 

kkk

 

 

 

① 横向きにリボンの左から30cmほどを
箱の中心に合わせます。

 

 

② リボンの右側を箱の後にぐるっと回
してきたら

 

 

正面で、短い方を上向きに、長い方を
下向きにする形でクロスさせる。

 

 

③ 下向きのリボンをそのままぐるっと
箱の後から前に持ってきます。

 

 

④ 長い方を縦にまっすぐに引っ張り下の
方で押さえた状態で

 

 

短い方をクロス部分の右上から左下へ
クロスの下を通します。

 

 

⑤ ここで長い方を右斜め上に持っていき
押さえつつ左下の短い方を引っ張ると
キュッとしまります。

 

 

⑥ 短い方で小さい輪を作り、長い方で作
った大きめの輪で上からくるっと巻い
て下をとおしてキュッと結ぶ。

 

 

動画で詳細をチェック

 

 

紙で作るリボン

 

 

 シンプルがかわいい蝶々結び

 

kami

 

 

 

《材料》
クラフト紙 カラー
のりまたは両面テープ

 

 

999

 

 

 

① 好みのサイズに型紙を作る。

 

 

② 型紙に合わせてクラフト紙を切り
真ん中のパーツは端を中央に寄せて
裏でのりでとめる。

 

 

③ 図を参考にパーツを重ねて長方形の
帯で巻いて裏でとめる。

 

 

 

 

 

 リボンの定番 スターボウ

 

starbow

 

 

 

《材料》
紙テープや雑誌のページ
(つやのあるものがきれい)

 

サイズ
27cm×2.5cm 3本
25cm×2.5cm 3本
22cm×2.5cm 2本

8cm×2.5cm   1本

 

ボンド又は両面テープ

 

出来上がり約12~13cm

 

 

kkkk

 

 

 

① 8cmのテープを除き他8本を図のように
両方にとんがり帽を作るようにして中央
でのり付けする。

 

 

② 同じ大きさ3個を図のようにクロスして
バランスよく整えてのりづけする。

 

 

③ 一番小さい2個は十字にクロスして
のりづけする。

 

 

④ でき上がり画像を参考に組み合わせた
3個をとんがった部分を交互になるよう
組んでのりづけする。

 

 

⑤ 最後に8cmの1枚を輪にして中央につける。

 

 




Sponsored Links

タイプ別ラッピングリボンのアイデア

 

 

 重ね技タイプ

 

重ね1

 

包み紙とは柄違いのペーパーとリボン
それにオブジェの合せ技で凝った感じ
を演出。

 

 

 

 

重ね2

 

巾広リボンとメッセージカードで高級感
が出てます。シンプルなラッピングや

リボンが適しています。

 

 

 

 

 

✿ アイキャッチングタイプ

 

キバ1

 

リボンに見立てたテープ状のペーパーは
メッセージの文字がくり抜きで立ち上げ

てあります。

 

 

少し器用さが求められますがパーティで
目立つこと間違いなし。

 

 

 

 

キバ22

 

これは奇抜です。がプレゼントされた人は
ハッピーになるに違いない!

 

 

見た目の派手さの割りに作り方は簡単そう。

 

 

 

 

 

✿ 私は大好きシンプルタイプ

 

シンプル1

 

ピックを使ってフラッグ型の飾りを作り
クラフト紙でラッピングしたものに刺す
だけ。

 

 

すんごい安上がりですが素朴なこんな感じ

大好きです。イベントに合せたフラッグを

作ってみましょう。

 

 

 

 

シンプル2

 

ただただ包んで細いリボンを掛けただけな
ナチュラルなラッピング。

 

 

イニシャルスタンプで贈る相手の名前を
ペタッとするだけで for you な気持ち
が伝わります。リボンも自然色で。

 

 

 

 

 

✿ フラットタイプ

 

フラット1

 

レースのペーパーリボンにレトロチックな
メッセージカードがキュートです。

 

 

女の子なら引き出しを探せば出てきそうな
普通のカードがラッピングパーツに大変身。

 

 

 

 

フラット2

 

ペーパーやオブジェ次第ではシックな
和風デザインにもできそうな感じです。

 

 

派手なリボンがなくてもこんなに素敵な
オリジナルなラッピングができるんですね。

 

 

フラットタイプは重ねておいて置くことが
できる利点もあるしね。

 

 

まとめ

 

布のリボンを使ったラッピングも種類が
たくさんあっていろいろ試したくなります。

 

 

でもきれいな形を作ろうと思うなら質の
良いリボンを使いたいところですが、結
構なお値段なんですよね。

 

 

ヘタしたら中身よりも高くついてしまい
ます。

 

 

それよりも手頃な材料でいろんなアイデア
を参考に自分なりのラッピングを楽しみま
しょう。



Sponsored Links

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る