四季らぼ

簡単でおいしい甘酒の作り方/炊飯器、酒粕、麹を利用する

top

雛祭りになると登場する甘酒ですが
それ以外は冬の寒い時期に飲むもの
というイメージです。

 

 

これまで「酒」というけど何で出来て

るのかあまり考えたことがなかったので

 

 

簡単に作れるレシピとそれを使った
手軽な利用法を調べつつ紹介します。



Sponsored Links


甘酒の効能

効能

 

 

甘酒の中には現代の生活の中で失われがちな

大切な栄養素が豊富に含まれています。

 

 

整腸作用や美肌効果を発揮する食物繊維や
ビタミB、脳の働きを促すブドウ糖など

 

 

大病ではないけど、ちょっと不調だなと
思われる症状を改善してくれる要素が
たっぷりです。

 

 

夏バテや冬の冷えにも自然の食材だけで
作る、手作りの甘酒は効果あり。

 

 

甘酒は日本古来の習慣や知恵が生かされた
優しい味わいの健康食品です。

 

 

麹を使うタイプとアルコールを含む酒粕
タイプでは効果が違う場合があるので
症状に応じて試してみましょう。

 

 

甘酒の作り方

 

先にも書いたように甘酒には酒粕と米麹
を使う方法があります。

 

 

それプラス白米や玄米を使う場合と麹だ
けで作るものと案外たくさんの作り方が
あるので

 

 

アルコールが苦手な人は米麹を、サッと

作りたい人は酒粕をなど好みに応じて

チャレンジしてみて下さいね。

 

 

 

 

☕  魔法瓶で作る簡単甘酒

 

1348_amazake

 

 

《材料》 (出来上がり300cc)

米麹150g
水150cc

 

なべ
魔法瓶
温度計

 

 

 

 

《作り方》

① ナベに水を入れて火に掛けて60℃まで
上げる。

 

 

② 火を弱火にして麹を入れます。
軽く混ぜて温度を測る。

 

 

③ 温度が65℃になったら火を止めて
魔法瓶に移します。

 

 

④ 移し終わった時点で60℃あるか温度計
で確認。

 

 

⑤ 蒸気が出て温度が下がらないように
ふたをしっかりしめる。

 

 

⑥ このまま8時間放置。

 

 

⑦ その後、もう一度ナベに入れ中火で
ひと煮立ちさせたら完成。

 

 

 

 

 

☕  炊飯器で簡単甘酒

 

suihann

 

 

《材料》

米麹650g
白米3合~4合

 

炊飯器
温度計
ふきん、タオル
粘着テープ

 

 

 

 

《作り方》

① 炊飯器で白米3合に水4合目盛り
にしてやわらかめのごはんを炊く。

 

 

② 炊き上がったご飯の温度を80℃
くらいまで冷ましたら麹を加えて
手早く混ぜます。

 

 

③ ご飯と麹を馴染むまで混ぜながら
60℃に調整します。

 

 

④ 炊飯器に入れたままぬれ布きんを
かけて60℃付近を保ち保温します。

 

ppoo

 

 

 

⑤ 粘着テープでふたを固定して
途中数回混ぜ合わせて温度を測り
ふたの開閉で調整します。

 

 

⑥ このまま8時間保温して完成。

 

 

料理などにそのままで、甘酒には
薄めてどうぞ。

 

 

 

 

 

☕  最短! 酒粕使用の甘酒

 

kook

 

 

《材料》

酒粕 50g
砂糖 50g
熱湯

 

 

 

 

《作り方》

① 酒粕と砂糖を耐熱容器に入れて
レンジで10秒ほど加熱する。

 

 

② なめらかになるまでよくかき混ぜる。

 

 

③ 熱湯を注いで軽く混ぜたら完成。

 

 

Cpicon 女将さん直伝、酒粕使用の甘酒 by えびねこえびす

 

 

 

 



Sponsored Links

☕  甘酒ドリンク

 

resipi

 

 

 

❥ 甘酒のミルク割り

 

甘酒に好みの量の牛乳を入れて混ぜる
だけ。つぶつぶが苦手な方はミキサー
に掛ければ口当たりが良くなります。

 

 

❥ 甘酒りんご

 

甘酒1カップに市販のりんごジュース
1/2カップを混ぜる。

 

 

❥ 甘酒フルーツ

 

バナナ1本
オレンジ1個
黄桃缶 半割2個
甘酒150ml

 

皮をむいた果物と缶詰と甘酒を
ミキサーにかける。

 

 

❥ スーパー青汁

 

青汁100cc、
牛乳50cc、
あま酒大さじ2杯

 

 

材料すべてを入れて混ぜ、よく冷やす。

 

 

 

 

 

☕  べったら漬け

 

べったら

 

 

 

《材料》

あま酒300g、
大根1本(約1kg)
塩30g

 

 

 

 

《作り方》

① 厚めに皮をむいた大根を4等分にする。

 

 

② 塩をまぶして冷蔵庫で1日おく。

 

 

③ 大根の水をきり、再度ビニールに入れ
甘酒を注ぎ2~3日おきます。

 

 

大根についた甘酒はそのまま食べます。

 

 

 

 

 

☕  ぶりの甘酒漬け

 

ぶり

 

 

 

《材料》

ぶり2匹
味噌だれ
甘酒大さじ2
味噌大さじ2
酒少々

 

 

 

 

《作り方》

① ぶりは50℃程度のお湯で表面を洗い
水気を拭き取る。

 

 

② ボウルで味噌だれの材料を混ぜる。

 

 

③ ぶりに味噌だれを塗りつけてビニール袋
に入れて冷蔵庫で一晩おく。

 

 

④ 味噌だれを拭い取って、グリルで焼く。

 

 

 

【動画】甘酒を使った味噌田楽の作り方

 

まとめ

 

甘酒作りのポイントは温度ですね。
低くいと酸っぱくなり、高いと甘味が
出ないなど少し気を使うところですが

 

 

作り方自体はとても簡単でほぼ放置
したままで勝手に出来上がる印象です。

 

 

特別冷え性でもなく、お酒も飲めない
自分ですが

 

 

「べったら漬け」レシピには非常に
そそられるものがあるので作ってみよ
うかと思ってます。


Sponsored Links


 

レシピ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る