四季らぼ

着るだけで簡単に可愛くなれる♪ハロウィンチュチュの作り方7選

9e9daa6b818017e01834006bdd365234_s-408x270

最近日本でも盛り上がりを見せるハロウィン。楽しみにしている人も多いと思います。ハロウィンと言えば仮装を楽しむ人が増えましたね!毎年どんな格好をしようか考えるとワクワクしますね。

 

 

いろんな仮装がありますが女の子なら可愛いお姫様みたいな格好をしてみたい人も多いはず。

 

 

そこで着るだけで簡単に可愛くなれちゃうチュチュを手作りする方法を紹介します!



Sponsored Links

100均の材料で作る簡単チュチュ♪

♥ 材料は100均で揃う上にとっても簡単!

 

 

用意するのはウエスト部分のゴムと100均の水切りネットだけなんです。丈が長いものや大人用を作りたい場合は長さが足りないのでチュールを用意します。

 

 

【作り方】

 

1.水切りネットを4~5センチ幅に切る。

 

2.ゴムはウエストより少し小さいサイズでわっかにする。

 

3.切った水切りネットを2つに折ってゴムに結んでいく。

 

4.それをひたすら続けたらチュチュの完成!

 

 

とっても簡単ですね!材料がすぐ手に入るのも嬉しい!お子さん用ならそんなに時間もかかりませんね♪

 

100均のヘアバンドで作るチュチュ♪

こちらも100均で材料が買えますよ!

 

 

100均のヘアバンドを使って可愛いチュチュがあっという間に出来上がります!サイズアップの仕方も簡単ですよ。

 

 

【作り方】

 

1.チュールを1mくらいの長さに切る。

 

2.ヘアバンドの穴にチュールを通し結んでいく。

 

3.好きなボリュームになったら完成!

 

 

ヘアバンドを使うことで好きなだけボリュームを出すことが出来ます。色も何色でも使えるので好きなだけチュールを使えますね♪

 

カフェカーテンで作るチュチュ♪

 カフェカーテンがチュチュに早変わり!

 

 

上で紹介したチュチュと基本的には作り方は同じです。ヘアバンドの部分がカフェカーテンなんですね。

 

 

【作り方】

 

1.カフェカーテンにゴムを縫い付ける。

 

2.裾に白のチュール、ピンクのチュールを交互に結ぶ。

 

3.更に花がらのチュールを上から結んでいく。

 

4.長さを揃えて肩紐をつけたら完成!

 

 

すごく可愛いです!売り物みたいですね♪簡単に手作りしたものとは思えません(^^)

 

チュールチュチュスカート♪

チュチュ1

出典 http://mamajob.biz

 

 

リボンにチュールを結んでいく作り方です。選ぶチュールの色で雰囲気が全く違うものが出来ます♪

 

 

ウエスト部分のリボンも太めのものを選ぶと結んだ時に可愛くなれちゃいます。ボリュームを出すにはチュールを重ねる。これはこの作り方でも同じです。

 

 

チュールチュチュスカートの作り方

 

縫わずに作れるチュチュ♪

チュチュ2

出典 http://matome.naver.jp

 

 

結び方も図で丁寧に説明してあるので不器用さんでも必ず作れますよ♪

 

 

縫わずに作れるチュチュ

 

お姫様風チュチュドレス♪

チュチュ3

出典 http://miomemo2.jugem.jp

 

 

柔らかいソフトチュールを使っているのでボリュームはそんなにないもののふわふわ感があります。ハロウィンにお姫様になりたい!というお子さんのために作られたそうですよ~。

 

 

ウエストのリボンも可愛いですね(^^)

 

 

お姫様風チュチュドレス

 




Sponsored Links

バレリーナ風チュチュ♪

チュチュ5

出典 http://tutuchou.blogspot.jp

 

 

作り方はこれまで紹介したものとほぼ同じですがチュールが幾つか載っていたのでご紹介。

 

 

やはりチュチュの部分は想像以上に簡単に出来てしまうようですね(^^)胸元やリボンでオリジナル感を出しましょう♪

 

 

バレリーナ風チュチュ

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。ハロウィンにおすすめのチュチュの作り方を紹介しました。

 

 

ミシンがなくても、お裁縫が苦手でもこんなに可愛いチュチュが簡単に作れるんです。単純作業の繰り返しなので少し根気が入りますがこれだけ可愛い物が出来るなら頑張れますね♪

 

 

ハロウィン用のチュチュならハロウィンっぽくオレンジや紫、黒を使うと雰囲気が出ますよ。

 

 

薄い緑のチュールだとティンカーベルのように。青を使って丈を長くすればエルサのように。

 

 

なりたいものの雰囲気が出るように色やボリュームも工夫してみてくださいね。チュールの種類によっては肌がチクチクするのでお子さんの肌のことも考えてあげてください。

 

 

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。



Sponsored Links

 

ハロウィン

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る