四季らぼ

お中元お礼状の例文【先生や会社の上司】

e9395db9904caa37e7ee4660f2d65b78_s-405x270

7・8月頃になると、百貨店の

お中元コーナーは大賑わいですよね。

 

 

先生や会社の上司など、目上の方から

お中元を頂いた場合はどのようなお礼状を

出せばよいのでしょうか。

 

 

例文を使って詳しく解説していきます。



Sponsored Links

お礼状を出す時期に注意!

9565b2ce452266de889c579548421cda_s

 

貰いっぱなしは大変失礼です。

 

 

お中元が届いたら遅くても3日以内

お礼状は出すようにしましょう。

 

 

友人や親族など親しい間柄であれば、

電話やメールで届いた報告とお礼を伝える

ということもあるかもしれません。

 

 

ですが目上の方から頂いたのであれば

ちゃんとしたお礼状を出すのが望ましいです。

 

 

定型的なお礼状には時候の挨拶があります。

 

 

7月か8月かによって挨拶の言葉が変わります

ので、こちらも注意が必要です。

 

 

お礼状の基本的な構成

 

定型的なお礼状の構成は以下の通りです。

 

  • 頭語・時候の挨拶
  • 相手を気遣う言葉
  • お中元の感想とお礼
  • 結びの言葉・結語

 

 

頭語と結語

 

頭語と結語には、それぞれ「拝啓」と「敬具

を使うのが無難です。

 

 

「拝啓」のあとは改行する必要はありません。

 

 

1文字分ほどのスペースを空けてから

時候の挨拶を続けて書きます。

 

 

「敬具」は一番最後に右寄せで書きます。

 

 

時候の挨拶

 

7月と8月では季節が変わるため

時候の挨拶に使う言葉が異なります。

 

 

<7月の時候の挨拶の例>

「季節の言葉」+「の候/のみぎり/の折」

 

<季節の言葉の例>

盛夏、猛暑、大暑、炎暑、酷暑…

 

季節を感じさせる挨拶

・暑さ厳しき折

・毎日猛暑が続いています

・蝉の大合唱に夏の盛りを感じるこの頃

・空の青さが真夏の到来を告げています

 

 

<8月の時候の挨拶の例>

「季節の言葉」+「の候/のみぎり/の折」

 

<季節の言葉の例>

残暑、残炎、残夏、暮夏、立秋、秋暑…

 

季節を感じさせる挨拶

・残暑厳しき折

・立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています

・連日厳しい残暑が続いています

・暦の上ではすでに秋ですが、残暑厳しいこの頃

 

※立秋は8月7日頃。残暑は立秋以降に使います。

 

 

時候の挨拶のあとには先方を気遣う

 

「いかがお過ごしですか」

「ご家族の皆さんはお元気でしょうか」

「その後お変わりございませんか」

 

といった言葉を続けるのが一般的です。

 




Sponsored Links

お礼状の例文

 

以上を踏まえた上で

会社の上司と、先生宛の例文を見てみます。

 

 

会社の上司へのお礼状

 

拝啓  連日暑い日が続きますが、○○部長におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、このたびは大変結構な御品をお贈りいただきまして誠にありがとうございました。私のほうが日頃お世話になっておりますのに、このようなお心遣いを頂いて恐縮しております。

家族一同大喜びしておりまして、早速美味しく頂きました。公私にわたり細やかなお心遣いを頂き本当にありがとうございます。

まだまだ暑い日が続きますので、どうぞご自愛ください。

略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 敬具

自分の名前

 

上司に奥さんや子どもがいる場合は、

「奥様にもよろしくお伝えください」

など家族を気遣う言葉を入れるのも良いです。

 

 

先生へのお礼状

 

拝啓  降りしきる蝉の声に盛夏を感じる今日この頃ですが、お元気にお過ごしでしょうか。

このたびは大変結構な御品をありがとうございました。○○先生には日頃から大変お世話になっておりますのに、このようなお心遣いまで頂き恐縮至極に存じます。

早速、主人や子供たちと一緒に美味しく頂きました。

厳しい暑さが続きますので、お体に気をつけてお過ごしください。

それでは今後とも、ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

取り急ぎお礼まで。 敬具

自分の名前

 

 

子どもたちの習い事の先生などであれば、

「~は○○先生のおかげ」といった話を家族で

したエピソードなどを盛り込むと良いです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

お中元には基本的にお礼状だけで良いので

お返しの品は必要ありません。

 

 

もしどうしてもお返しをしたい場合は、

「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として

同程度の品を贈るようにすると良いですよ。



Sponsored Links

 

お中元

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る