四季らぼ

お中元お礼状の書き方のポイント『8月上旬』

f504ea018652c0-405x270

お中元を贈る時期は地域によって異なります。

 

 

関東では7月初旬から7月15日頃までが主流

ですが、8月上旬に送る地域もあります。

 

 

そのため、8月に届いた場合はお礼状の

時節の挨拶も変える必要が出てきます。

 

 

それでは地域ごとの時期と8月の時候の挨拶

についてなどを詳しく見ていきましょう。



Sponsored Links

地域ごとのお中元の時期

 

エリア別にお中元を贈る時期をまとめてみました。

 

お中元時期

 

参考 ⇒ 冠婚葬祭マナー 他

 

 

こうしてみると、関東が飛びぬけて早い

ことが分かります。

 

 

東北・北陸はあまり違いがないものの、

関西圏を中心に8月にまたがる地域は

多く見られます。

 

 

ただしこれは絶対ではなく同じエリアでも

時期が異なる場合もあります。

 

 

最近では関東の時期に合わせて早くなる

傾向があるようですが、8月に届くことは

十分にあり得ると言って良いでしょう。

 

 

8月に書くお礼状の注意点

 

8月にお中元が届いた場合に注意するべき点

はお礼状の時候の挨拶結びの言葉です。

 

 

7月と8月では使う文言が変わってきます。

 

 

お礼状の構成

 

時候の挨拶と結びの言葉の例の前に

改めてお礼状の構成を確認しておきましょう。

 

 

  • 頭語・時候の挨拶
  • 品物が届いた報告と感謝の言葉
  • 品物についての感想
  • 結びの言葉・結語

 

 

おおよそ、このような形になります。

 

 

かしこまった手紙の場合

 

<時候の挨拶のポイント>

季節の言葉+「の候/のみぎり/の折」を繋げる

 

<8月の季節の言葉>

残暑、晩夏、暮夏、避暑

立秋、秋暑、向秋、残炎 etc...

 

※立秋は8/7頃。残暑は立秋以降に使います。

 

 

<時候の挨拶の使用例>

残暑の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

晩夏のみぎり、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。

立秋の折、皆様におかれましては益々ご壮健のこととお慶び申し上げます。

 

 

 

<結びの言葉のポイント>

結びの言葉は、季節を絡めた言葉を

使っても使わなくても大丈夫です。

 

 

<結びの言葉の例>

残暑厳しき折、くれぐれもご自愛下さい。

晩夏の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

末筆ながら、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申しあげます。

 

 

 

親しい人宛ての場合

 

<時候の挨拶のポイント>

季節を感じさせる言葉(キーワード)

を使って時候の挨拶を作ります。

 

 

<時候の挨拶の例>

連日厳しい残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

立秋とは名ばかりの猛暑が続いておりますが、お元気ですか?

今年は格別に残暑が厳しいようですが、お元気にお過ごしですか。

 

 

 

<結びの言葉のポイント>

結びの言葉は、季節を絡めた言葉を

使っても使わなくても大丈夫です。

 

 

<結びの言葉の例>

夏バテなどなさいませんように、どうかご自愛ください。

厳しい暑さが続きますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

残暑も残りわずかとなりました。お互い頑張って乗り切りましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

お中元は日頃のお礼をするための贈り物

なので、お返しの必要はありません。

 

 

ですが、届いたことを知らせる意味でも

お礼状は書いたほうが良いです。

 

 

あまり形式にとらわれずに、

温かみのある手紙にアレンジして下さいね。

 

お中元のお礼状、気を付けていても忘れていまい

遅れてしまうことは誰もが経験してるのではないでしょうか?

 

そこでこちらでは遅れた時に気を付けるポイントをまとめています。

 

⇒ お中元のお礼状が遅れた時に気を付ける書き方のポイント!



Sponsored Links

 

お中元

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る