四季らぼ

GW、お盆、年末年始におすすめ!海外の穴場リゾートランキングBEST5!

ハイナン島-360x270

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの長期の連休に

海外に旅行をとお考えの方もいらっしゃると思います。

 

 

しかし当然ながら同じように考える方も多く

そんな時期の海外旅行は行き先によっては混雑しますね。

 

 

せっかくの海外旅行。混雑しないところで

魅力的な穴場スポットとはどこでしょうか。

 

 

今回は長期休暇に行く海外の穴場スポットを

ランキング形式で紹介したいと思います。



Sponsored Links

第1位 ハイナン島

ハイナン島

 

ハイナン島は南シナ海の北部にある島で広さは

33.210平方メートルありさまざまな少数民族が住んでいます。

 

 

1年中温暖な気候なのでプールやマリンスポーツを

いつでも楽しむことができるおすすめスポットです。

 

 

他にもゴルフやダイビングを楽しむことができたり

極上スパやグルメスポットが目白押しです。

 

 

海を満喫~マリンスポーツ~

 

ハイナン島は海の透明度が高くクマノミや

チョウチョウウオの群れを見ることができます。

 

 

またサンゴの産卵を拝むことも可能です。

海の生物に接することができるんですね。

 

 

先にも書いたように気候が1年中温暖なので

ジェットスキーやバナナボートを楽しむのもいいですね。

 

 

世界を食べつくす~食~

 

ここはグルメ天国と呼ばれるほどで

世界各国の料理を楽しむことができます。

 

 

「食は広州にあり」と言われる広州が近いので

カニやエビなどの海鮮を使った広州料理が食べられます。

 

 

そのほかにもピリ辛が特徴の四川料理や

種類が豊富な飲茶を楽しむこともできます。

 

 

癒されよう~極上スパ~

 

さまざまな種類のスパ体験ができます。

中でも特に珍しいのがフィッシュセラピーです。

 

ドクターフィッシュ

 

小さな魚がたくさん泳ぐ温泉につかりながら

その魚たちに古い角質を食べてもらうという体験。

くすぐったいながらも不思議な感覚を味わえそうですね。

 

 

⇒ ハイナン島特集

第2位 オーストラリア

リッチフィールド

 

オーストラリアは世界で6番目に面積が大きい国です。

コアラやカンガルー、エミューなど珍しい動物で有名です。

 

 

観光に人気の場所であると思われるオーストラリア。

行き先としては混むのでは?と思われそうですね。

 

コアラ

 

穴場として挙げた理由は関西ーシドニー間の便が増え

多くの人が安く観光旅行に行けるようになるためです。

 

 

そこでまだあまり知られていない穴場の

リッチフィールド国立公園を紹介します。

 




Sponsored Links

大自然を味わえる公園

 

オーストラリア北部にある自然豊かな公園で

奇岩やアリ塚など非常に珍しい景色を見ることができます。

 

 

園内でキャンプをすることも可能ですし

車を走らせ園内の探索をするのもいいですね。

 

 

園内でも「ワンギ・フォールズ」は変わった形状の滝で

滝の下では泳いだり水遊びができます。

 

 

ここの水は透明度がとても高く飲めそうなほどきれいなのだとか。

泳いでいる魚たちが寄ってきて一緒に泳ぐこともできるそうですよ。

 

 

⇒ オーストラリア政府観光局公式サイト

第3位 パラオ

パラオ

 

パラオは太平洋にあり200以上の島が集まってできています。

海洋生物の宝庫で世界最高峰のダイビングスポットです。

 

 

綺麗な景色が広がるここパラオの中でも

特におすすめのスポットを2ヶ所ご紹介します。

 

不思議な色の海~ミルキーウェイ~

 

ロックアイランドを縫っていくと現れるスポット。

鳥の鳴き声が聞こえてくるほどたいへん静かで

そこには乳白色の海が広がります。

 

 

石灰質の泥が海の底にたまっているため乳白色なのですが

この泥は美白、保湿効果があり泥パックできるんです。

化粧品として日本でも商品化されているほどなんですよ。

 

 

息をのむブルー~青の洞窟~

 

たくさんある鍾乳洞の中でも珍しい半水没鍾乳洞です。

入り口から入る光が洞窟の中を青く光らせるため

青の洞窟と呼ばれているんだそうです。

 

 

パラオブルーと称される大きな海の青色と違う

空間の中に光が凝縮されたような青色は見事で

 

 

時間によりさまざまな色合いに変化するため

訪れるたびに決して同じ青に遭遇することはありません。

 

 

青の洞窟はカヤックでのみ立ち入ることができます。

あなたが訪れるときはどんな青色が見られるでしょうか。

 

 

青の洞窟の様子


 

 

⇒ パラオ観光徹底ガイド

第4位 バルカン半島

バルカン半島

 

バルカン半島はヨーロッパ南東部のいくつかの国を指します。

さまざまな民族や文化が混在した大変魅力あふれる場所です。

 

 

諸民族が混在したことで民族同士の争いが多く数々の紛争も起き

ヨーロッパの火薬庫とも言われています。

 

 

ですが最近は紛争も落ち着きを見せていて

旅行客も増えており人気が出てきています。

 

 

人気上昇中~モンテネグロ~

 

アドリア海沿いにある国で観光資源が豊富です。

 

◊コトル

 

その中でまずはコトル。複雑な海岸線と険しい山に囲まれた

天然の要塞の地で世界遺産になっています。

 

 

山々に沿って城壁が築かれているコトルは

城砦港湾都市として栄えている場所です。

聖トリプン大聖堂には古い街並みが残っています。

 

 

◊ブドヴァ

 

モンテネグロ屈指のリゾート地で

城壁に囲まれた旧市街地には中世の雰囲気が漂っています。

 

 

中世にタイムスリップ~アルバニア~

 

◊ティナラ

 

アルバニアの首都で隊商ルートの要衝として発展しています。

街をゆっくり歩けば数々の歴史的建造物を見ることができ

過去の時代に想いを馳せることができるでしょう。

 

 

◊ベラード

 

千の窓の街ともいわれる美しい場所ベラード。

ベラード城内には民家も数多くあり人々の生活を垣間見れます。

展望台からは素晴らしい景色が360度広がります。

 

上に挙げた場所も含めバルカン半島は懐かしい雰囲気が漂っていて

ヨーロッパの方は日本でいうと京都のようなイメージを持つそうですよ。

 

 

中世ヨーロッパの空気に触れに行ってみてはいかがでしょう。

 

⇒ バルカン半島を旅行した方のページ

第5位 黄龍

黄龍

 

黄龍は中国四川省にある世界遺産登録の場所。

ジャイアントパンダの貴重な生息地でもあります。

 

 

この世の仙境と言われるほどの息をのむ素晴らしい景色のほか

最近はパワースポットとしても人気が出てきています。

 

 

麓の迎賓彩池から五彩池までの3.7㎞が

風景区として整備された観光スポットになっています。

 

 

池の水の色は場所によって黄色、緑色、青色、茶色と変化し

晴天時には日光と相まって金色に輝く神秘的な場所なんです。

 

2006年にロープウェイが開通しずいぶん便利になりました。

訪れるのは雪解け水が多い7~10月がベストです。

 

 

大自然に出会える旅先としてどうですか。

 

 

⇒ クラブツーリズム黄龍特集

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は連休におすすめの海外の穴場スポット紹介しました。

 

 

ハワイをはじめグアム、サイパン、ヨーロッパは

常に人気の地ですし素敵なところですが

 

 

時にはあまり人に知られていない秘境のような

魅力的な場所へ行ってみるのもいいですね。

 

 

ハイナン島は東洋のハワイとも呼ばれています。

日本の近くにもこんな素敵な観光地があるんですね。

 

 

パラオの青の洞窟など行くのは少し大変そうな場所は

その分おおきな感動に変わるのではないでしょうか。

 

 

ぜひ参考にしていただいて素敵なGW、お盆

年末年始の旅行にお役立ていただけると幸いです。

 

ゴールデンウィーク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る