四季らぼ

ゴールデンウィーク沖縄の穴場スポット【グルメ、宿泊】海水浴は厳しそう!

石垣島-360x270

ゴールデンウィークに国内で旅行をするなら

あなたはどこへ行ってみたいと思いますか?

 

 

ここ何年も国内の旅行先で一番人気なのが沖縄です。

多くの人が一度は行ってみたいと思う場所なんだそう。

 

 

のんびりリゾート気分を味わいたい人にも人気の

沖縄にGW訪れるとしたら混雑は必至ですね。

 

 

そこで今回はGWにおすすめの沖縄の穴場スポットを

独断でいくつかご紹介してみようと思います。



Sponsored Links

宮古島

宮古島

 

宮古島は沖縄本島の南西に位置しています。

今回は宮古島のグルメにスポットを当ててみます。

 

 

魅力的な食材がいっぱい!

 

自然の恵みを浴びた宮古島の食材は大変魅力的。

食べると心も体もきっと元気になります。

 

 

今回はそば、スイーツ、泡盛をキーワードに

それぞれのおすすめを紹介していきますね。

 

ここにしかない味「宮古そば」

 

宮古そばは沖縄そばより少し硬めの細い面が特徴。
豚肉やかまぼこなどの食材が麺の上にも下にもあるんです。

 

 

カツオだしのスープがとてもおいしくて
地元の人の中ではソウルフードなんだとか。

 

 

宮古島に訪れたらぜひ食べてみたい一品ですね。

 

 

カフェでいただく極上スイーツ

 

青い空と海。色鮮やかな草花に囲まれた

素敵なロケーションのカフェが数多くある宮古島。

 

 

特有の色鮮やかなトロピカルフルーツを使った

スイーツは男女問わず人気なんです。

 

 

疲れた時に食べる甘いものは格別の味ですよね。

絶景を見ながらトロピカル気分を味わってみては。

 

 

泡盛には地元料理がぴったり!

 

沖縄のお酒といえば皆さんご存じの泡盛ですよね。

泡盛は地元の料理と相性がとてもいいんだそう。

 

 

おいしい地元料理をいただくには居酒屋がおすすめ。

とは言ってもお店も料理もたくさんあって迷いますね。

 

 

そんな時には「お食事処 蔵」に行ってみましょう。

メニューからお任せで料理を出してもらえますよ。

 

 

その日に仕入れた食材で作る限定メニューは

泡盛と格別にマッチするんだとか。

 

宮古島の方言で「おいしい」は「ズミ!」と言うそうです。

おいしい料理やお酒に出逢ったら「ズミ!」と言ってみては^^

 

⇒ 宮古島観光協会公式WEBサイト

 

 

現地までのアクセス方法

石垣島鍾乳洞

石垣島

 

日本最南端にある石垣島最大の鍾乳洞です。

世界初の鍾乳洞イルミネーションは見ごたえ充分。

 

 

無数の鍾乳石群でいっぱいの地底空間は

まさに宮殿を彷彿させる景色ですよ。

 

    ここではさまざまな体験ができる教室があります。

     

    • 漆喰シーサー色絵付体験・・・シーサーに色を塗ってインテリアに!
    • ビーチアート教室・・・白砂やサンゴを使ってオリジナルアートを作ろう!
    • ドリームキャッチャーストラップ作り・・・自分を守る幸運のお守り作り!

     

    すべて1名1.080円で体験することができます。

     

    ⇒ 石垣島鍾乳洞HP

 

 

現地までのアクセス方法

シーサイドロッジ ミハマ

シーサイドロッチ

 

沖縄本島中部西岸にあるロッジです。

こちらは滞在型の人におすすめの宿泊スポット。

 

 

もともとは沖縄を訪れるアメリカ人のための

滞在施設としてスタートしたこちらですが

問い合わせが多く現在は邦人にも開放されました。

 

 

沖縄高速自動車道の沖縄南口まで約10分の所にあるので

ここを起点に本島南北への移動が容易にできます。

 

 

また半径500m圏内にスーパーマーケットやコンビニ

ATMやレストランもあり大変便利です。

 

 

さらに1.5㎞圏内にはビーチ、アメリカンビレッジ

ダイビングスポットや大型スーパーもあるので困ることはありません。

 

ペットルームもあるので大切な家族も一緒に泊まれます。
予約するときに問い合わせてみてください。

 

⇒ シーサイドロッジミハマ公式サイト

座間味島

座間味島

 

座間味島は亜熱帯気候に属する島です。

温暖な海域で1年を通してダイビングが楽しめます。

 

 

座間味島ダイビングの様子

 

比較的浅く穏やかなポイントが多いので

ダイビング初心者にもおすすめですよ。

 

ダイビングサービス フェニックス

 

座間味島の魅力を存分に感じてほしいとさまざまな

プランを提案しているのがフェニックスです。

 

 

中でもザトウクジラを時には2頭同時に見ることもできるとか。

とても愛嬌ある姿に癒されそうですね。

 

 

さらに一押しの場所があるんだそうですよ。

 

「宇論の崎」

 

まるで森のように続くエダサンゴの群れを見ることができるほか

アオウミガメやカラフルなハナダイの群れが出迎えてくれます。

 

港から3~5分でポイントにつくので船酔いの心配なし!

 

⇒ 座間味村サイト

 

 

現地までのアクセス方法

ビオスの丘

ビオスの丘

 

沖縄半島中部にあり約7万5千坪の広大な土地が広がります。

のんびりゆったり過ごせる癒されるテーマパークになっています。

 

 

「亜熱帯の森で遊ぶ・学ぶ」を掲げる

ビオスの丘の主なスポットをご紹介します(*^^)v

 

湖水で遊ぐなら大龍池

 

船に乗って湖水鑑賞ができるほかカヌーの貸し出しを

してくれるので思いっきり湖水を満喫することができます。

 

 

のんびりしたい人におすすめ!

 

水牛車に乗ってゆったり探索はいかがですか?

またお昼寝用のゴザの貸し出しまでしてもらえます。

 

 

家族や友達と楽しめる!

 

数々の遊具で体をめいいっぱい動かして遊びましょう。

てづくり体験や園内の家畜に触れ合っても楽しそうですね。

 

⇒ ビオスの丘公式サイト

 

 

現地までのアクセス方法

GWの沖縄って泳げるの?

さて。最後に皆さんが気になるであろう海について。

GW頃の沖縄なら泳ぐことができるとお思いの方も多いでしょう。

 

 

実は気温も高く泳ぐのに適していると思われがちですが

本州に比べれば気温は高いものの水温はそんなに高くないのです。

 

 

気温と水温はかなり違うので水に入ると

かなり肌寒く感じるそうです。泳ぐには早いと思われます。

 

 

ただ水辺や砂浜は暖かいようですよ。泳がなくても

砂浜を歩いて楽しむことは充分可能ですね。

 

ただし注意したいのが紫外線です。

沖縄は曇りの日でもかなり紫外線が強いんです。

お子さんや肌の弱い人は紫外線対策をしっかりしてくださいね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

まだあまり知られていない沖縄の穴場を紹介してみました。

 

 

定番の観光地を避けてゆっくり過ごせる

GWの旅の参考になるでしょうか。

 

 

泳ぎを目的に行くのはGWはまだ早いと思いますが

沖縄ならではの自然や食べ物は楽しめます。

 

 

個人的には宮古島のグルメが気になります。

おいしい食べ物に出逢えたら「ズミ!」は絶対ですね。

 

 

初心者にもおすすめの座間味島のダイビングもいいですね。

綺麗な海の中でお魚に触れ合えるなんて素敵ですね。

 

 

皆さんの旅の参考になったら嬉しいです。

 

 

ゴールデンウィーク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る