四季らぼ

ボンフィンとビジューミサンガの作り方&結び方を紹介します♪

 

みなさんはbonfim(ボンフィン)ってご存知ですか?
ブラジルにはこの通称ボンフィンと呼ばれる細長い
リボンを手首に巻いているサッカー選手も。

 

 

ミサンガと同じで手首に巻き、それが自然に
切れると願いが叶うと言われています。

 

 

今回はそのボンフィンについて書いてみたいと思います。



Sponsored Links

ボンフィン(bonfim)について

DSC04203-s

 

 

ブラジルのサルヴァドールにあるボンフィン教会の
周りで売られている細長いリボン、巾は約1㎝長さは
約50㎝ほどだそうです。

 

 

そんな事からボンフィンと言われていますが現地では
フィティーニャスと呼ばれ、カラフルな色のリボンには
「LEMBRANCA DO SENHOR DO BONFIM DA BAHIA」
と書かれています。

 

 

うー(ˆˆ;)
ブラジルだから・・ポルトガル語?か??
ちょっと翻訳ソフトにお願いして・・。

 

 

翻訳の結果どうも、バイーア洲ボンフィン教会の思い出
みたいな感じですかね。要するにお土産ってことですか?

 

 

Festa do Senhor do BonfimNa foto:Foto:Alberto Coutinho/AGECOM

 

 

10色もあるカラフルなリボンはアフリカの
カンドブレラの神々達を表す色なのだそう。

 

 

奇跡の教会と言われ、叶わない願いはないという事で
このボンフィンを教会の策に結び付けて願い事を
したり感謝したりする人が絶えません。

 

ボンフィンの結び方

top

 

 

手首に2回巻いて3回結びます。
結ぶごとに1回づつ合計3回願い事をしてボンフィンが
自然に切れると願い事が叶うといわれています。

 

 

正式な結び方なのかは定かではありませんが
色鮮やかなボンフィンは例え切れることはなくても
巻いているだけでとてもハッピーになれそうです。

 

 

陽気でにぎやかなブラジルの人達が好みそうな
アイテムですよね。

 

 

いろんなボンフィン

 

    

 

 

 

日本にも縁起を担いだボンフィンがたくさん。

ミサンガというより、ストラップタイプの

スポーツ選サポーター向けが多い様です。

 

 

中には薄い布で作ってあり、こりゃすぐに願いが
叶うなってのまであります。

 

 

まぁ、みんなが幸せな気持ちになるのは世界平和の
ためにも良いことだしOKです。

 




Sponsored Links

流行のビジューミサンガ

最近よく目にするビジューの文字ですが
宝飾品という意味だそうです。

 

 

ジュエリーなどの石を表すこともあり
ライトストーンなどがつけてあるものを
ビジュー付きといいます。

 

 

身近なところではフィギアスケート選手の
衣装にキラキラ輝くライトストーンが施して
あるのをよく目にします。

 

 

biju1

 

 

ビジューミサンガというのは通常の編んだ
ミサンガにライトストーンやチャームなどの
パーツを付け加えたもの。

 

 

ミサンガが一気にゴージャスに変化します。
ビジューミサンガにする場合は後付けする
パーツに合わせて編む紐の配色を考えましょう。

 

 

biju2

 

 

派手なばかりがビジューミサンガでは
ありません。配色によってはこんなに
シックな感じにも作れます。

 

 

平たく編んだだけじゃ物足りないって人は
ぜひビジューミサンガに挑戦してね。

 

 

【動画】簡単ビジューミサンガの作り方

 

 

まとめ

biju

 

 

ミサンガのルーツはおそらくサルヴァドールの
ボンフィンなのでしょうね。

 

 

日本で言うところの神社でおみくじを木の枝に結んだり

絵馬を提げたりするのと同じ感覚なんだと思います。

 

 

大切な夢を叶えたい人や世界中を旅する
バックパッカーたちもここを訪れボンフィンを
身に着けていくといいます。

 

 

そしてカラフルなミサンガ(ボンフィン)は
単なるお守りに留まらず、世界中にアクセサリー
として認識されています。

 

 

あなたもアレンジ力抜群のミサンガを手作りして

大いに自己表現してみては。

 

他にもミサンガに関連する情報をまとめてますよ^^

 

⇒ 文字入りミサンガの結び方、編み方

 

⇒ 取り外し可能なミサンガの結び方

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る