四季らぼ

メンズビジネスシューズランキング!高級感あり!おしゃれで歩きやすいものは?

tumblr_niino1jFli1qk9hrqo1_1280-350x350

意外とビジネスマンは足元を見られていたりします。

 

 

ヨレヨレの靴を履いていては

取れる契約も取れない…なんて事が起きるかもしれません。

 

 

ではビジネスシューズはどんな物がいいのでしょうか?

 

 

おしゃれで且つ歩きやすく丈夫で

もし雨などにも強ければ理想的ですよね。

 

 

しかし全てを兼ね備えた高級感あるものは当然お値段も張ります。

 

 

今回は憧れブランドのビジネスシューズを

ランキング形式でご紹介します。



Sponsored Links

第1位 クロケット&ジョーンズ

 

org_1

 

値段の相場 60,000円~80,000円

 

イギリスの高品質な紳士靴ブランドです。

 

 

日本でもシップスやビームスなど

有名セレクトショップにて取り扱われているので

馴染みのある方も多いかもしれません。

 

 

使われる革は柔らかくとても馴染みやすいのが特徴です。

 

 

オシャレ度が群を抜いて高くスーツと

合わせた時に見た目に違いが出るかっこよさです。

 

 

ただ弱点は耐久性がそこまで高くない事です。

毎日休みなく履き続けるような使い方は避けましょう。

 

 

クロケット&ジョーンズのサイトはこちら

 

⇒ Crockett&Jones クロケット&ジョーンズ | FRAME

 

第2位 オールデン

 

org_2

 

値段の相場 40,000円~140,000円

 

アメリカの有名な紳士靴ブランドです。

アパレルショップのスタッフが良く履いていることからも

分かるようにおしゃれな人が好むブランドです。

 

 

コードヴァンという貴重な馬革を使用しており

そのツヤには透明感があります。

 

 

オールデンは実用性を考えて靴を作るブランドで

履き心地がいいのが特徴です。

 

 

ただ多少雨に弱く他の靴より色落ちがしやすいです。

室内勤務の方に向いていますね。

 

 

オールデンのサイトはこちら

 

⇒ The Alden Shop of San Francisco

 

第3位 ジョンロブ

 

org_3

 

値段の相場 90,000円~200,000円

 

イギリスの老舗ブランドであの英国王室も御用達という

権威あるオーダーメイドの紳士靴ブランドです。

現在は既製靴も取り扱っています。

 

 

歴史あるブランドでありながら常にファッション性を

追い求めておりそのデザイン性は折り紙付きです。

俳優の石田純一さんや渡部篤郎さんも愛用しているとか。

 

 

オーダーメイドを長年続けてきただけあり

脱ぎ履きの良さや歩きやすさには定評があります。

 

 

弱点としてはそれなりのお手入れが必要という事でしょうか。

もちろん全ての靴にも言える事なのでしょうが

こちらは特に大事に履くべき存在といえるでしょう。

 

 

ジョンロブのサイトはこちら

 

⇒ John Lobb : Finest Shoes and Boots for Gentlemen | John Lobb - Official website




Sponsored Links

第4位 ユニオンインペリアル

 

3016_01

 

値段の相場 30,000円~

 

上位3位までは海外の超有名ブランドを挙げさせて頂きましたが

こちらは国内ブランドでお手頃さと品質の良さのバランスのいいタイプです。

 

 

本格的な靴の製法を採用しているので

耐久性に優れています。

 

 

にもかかわらず見た目の美しさにも定評があるため

国内のビジネスシューズ人気ナンバーワンです。

 

 

さらに気の利く日本ブランドらしく

撥水ラインが売られています。

雨の日にも安心して履くことが出来ます。

 

 

弱点といえば

普通のビジネスシューズより段違いにおしゃれですが

海外のトップブランドにはさすがに負ける所でしょうか。

 

 

ユニオンインペリアルのサイトはこちら

 

⇒ Union Royal | ユニオン ロイヤル | 世界長ユニオン株式會社

 

第5位 スコッチグレイン

 

2927bl_01

 

値段の相場 30,000円~

 

こちらも国内人気ナンバー2のブランドです。

 

 

こちらも履き心地と丈夫さという点で一番よい製法で

靴を作っているので歩きやすさは抜群です。

 

 

嬉しいことにこのブランドもレインシリーズを

取り扱っており雨を気にせず履くことのできる1足が見つかります。

 

 

弱点は4位と同じく海外のトップブランドよりは

デザイン性が普遍的な所でしょうか。

 

 

スコッチグレインのサイトはこちら

 

⇒ SCOTCH GRAIN スコッチグレイン

皆のビジネスシューズ事情

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

男性の場合は髪やメイクなどにお金をかけなくてもいい代わりに

時計や靴でおしゃれをする傾向にあると思います。

 

 

なので靴はやはりこだわり所ですね。

自分のなりたいイメージにあわせて選んでみて下さいね。



Sponsored Links

 

ビジネス

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る