四季らぼ

簡単で美味しいぶり大根の作り方を紹介

cats1

寒くなってくるとぶりの旬を迎えます。

ぶりの切り身は骨も大きく調理しやす
いので料理初心者の人でもおいしい
ひと品ができます。

 

 

ぶりといえば代表的なのがぶり大根や
ぶりの照り焼きなど。

 

 

どちらも和風の味付けでおかずにぴったり
です。子供だってお魚なのにパクパクと
食べてくれます。

 

 

基本のぶり大根の他に子供でもおいしく
食べられる簡単なぶり大根レシピを紹介します。



Sponsored Links

簡単に出来ておいしいぶり大根レシピ

 

簡単ですが、おいしく仕上げるために魚料理の
コツである臭み取りの作業は必ず行いましょう。

 

ブリはあまり煮すぎると身がパサパサに

なってしまうので調理時間にも気をつけて。

 

 

 

■ 基本のぶり大根

 

基本の作り方ですが、ぶりあらではなく
子供も食べやすい切り身を使います。

 

 

oi

 

 

 

★ 材料

大根    1/3本
ぶり    4切れ
生姜    1かけ
さやえんどう 8枚

 

水     2カップ(400cc)
酒     1カップ
砂糖    大さじ1
みりん   大さじ3
醤油    大さじ3

 

塩     適量

 

 

 

 

★作り方
① 大根は縦半分に切ったら、それを乱切りにする。

 

ぶりは1切れを3~4等分する。

 

生姜は皮付きのまま薄切りにする。

 

さやえんどうは筋をとり、さっと塩ゆでしておく。

 

 

② 鍋に大根、水、酒、砂糖、みりん、醤油を入れ
火をつけ煮立ったら弱火にして約20分煮る。

 

 

③ 大根を煮ている間に、鍋に水を沸騰させ
ぶりを入れて表面が白くなったか位にさっと
湯通しして冷水につけてすぐにざるにあげておく。

 

 

④ 大根は20分程度煮たら、一旦火を止めて
あら熱をとる。

 

 

⑤ あら熱がとれたら大根と生姜を入れて
火にかける。

 

 

⑥ 沸いてきたら汁をすくって回し掛け途中に
もこの作業を1~2度繰り返し20分程度煮る。

 

 

⑦ さやえんどうを入れてひと煮立ちしたら
できあがり。

 

 

【 動画 】基本のぶり大根の作り方

 

 

 

 

 

■ 15分で出来る!お手軽!ぶり大根

 

あんかけで作るので短い時間でも
しっかり味がついていておいしい。

 

 

otegaru

 

 

 

★ 材料

大根(2cmの輪切り)  300g
ぶり切り身       4切れ

 

 

【 大根下ゆで用 】
水   大さじ3
酒   大さじ2

 

 

【 煮付け用 】
お湯  500cc
酒   100cc
醤油  大さじ4
みりん 大さじ4

 

 

【 とろみあん用 】
おろし生姜 小さじ1/2
砂糖    大さじ1
醤油    大さじ1/2
水溶き片栗粉  適量

 

貝割れ大根   適量
柚子皮     適量

 

 

 

 

★ 作り方

① 輪切り大根に裏表細かく切り込みをいれて
イチョウ切りで4等分する。

 

 

② 耐熱容器に水大さじ3、酒大さじ2を入れて
ラップをして700wのレンジで7分ほど加熱。

 

 

③ フライパンに湯500cc 酒100ccぶりを入れて
3分程度煮る。

 

 

④ ぶりを一旦取り出しそこに大根を水ごと入れ
醤油大さじ4、みりん大さじ4をいれて3分程度
煮ていきます。

 

ここで煮汁を200ccほど取り分けておく。

 

 

⑤ 鍋にぶりを加えて落としブタをして2~3分煮る。

 

 

⑥ 煮ている間に取り分けておいた煮汁を小鍋に
入れて火にかけ、生姜すりおろし小さじ1/2
砂糖大さじ1 醤油大さじ1/2入れる。

 

 

⑦ 温まってきたら水溶き片栗粉でとろみをつける。

 

 

⑧ ぶりと大根を器に盛り、とろみあんをかけて
貝割れ大根と柚子皮の千切りをのせてできあがり。

 

 

 

 

■変わりぶり大根

 

いつもとビジュアルも食感も違うぶり大根。
お年寄りや食欲のないときでも食べやすい
やさしい味です。

 

 

kawariburi

 

 

 

★ 材料

大根 2cmの厚さ×4枚

ぶり    60g

 

 

【 材料群 A 】

万能ねぎ(小口切り)  大さじ1と1/3
しょうが(みじん切り) 小さじ1
片栗粉             小さじ1と1/3
酒                   小さじ1弱
塩               0.4g

 

 

【 材料群 B 】

だし汁     1と1/2 カップ
淡口醤油    小さじ2
みりん     小さじ2
塩       0.6g

 

 

【 あんかけ材料 】

片栗粉     小さじ1と1/3
水       小さじ1

ゆず皮     適量

 

 

 

 

★ 作り方
① 大根を下ゆでする。

 

米のとぎ汁で下ゆでして水にさらす。
次にぶりを詰めるためスプーンで中心を
くり抜きます。

 

 

※とぎ汁の変わりに水を使う場合は
生米を少し加えると代用になります。

 

 

② ぶりたねを作る。

 

ぶりは皮と骨を取り除き包丁で細かくたたく。

「材料群 A」を全部加えて混ぜ合わせます。

 

 

③ 大根の中心にぶりたねを詰める。

 

 

④ 鍋に「材料 B」を全部入れて煮立てて大根を
入れる。

 

クッキングペーパーで落とし蓋をして煮る。
煮汁が半分位になるまで煮たら、器に盛ります。

 

 

⑤ あんを作る。

 

鍋に残った煮汁を再度沸かし「あんかけ材料」
の片栗粉を水で溶いたものを少しづつ分けて加え
混ぜながらとろみをつけてあんを作ります。

 

 

⑥ 器に盛った大根にあんをかけて、すりおろした
ゆずの皮を振ります。

 

 

 

【 動画 】変わりぶり大根の作り方

 

 

 




Sponsored Links

■ ぶりの照り焼き 大根いこみ

 

大根をぶりではさんでしまうという
大技です。

 

 

ポイントはおでんなどの残りの大根を
再利用して時間も短縮します。

 

 

ikomi

 

 

 

★ 材料
ぶり切身        4切れ
大根            1/2本
木の芽(あれば)    4枚
ふり柚子用ゆず  少々
白髪ねぎ

 

 

【 大根を煮る出汁 】

※生の大根からつく場合

米のとぎ汁    適量
出汁       400cc
薄口醤油     50cc
みりん      50cc

 

 

【 ぶり用つけだれ 】

濃口醤油     180cc
みりん      180cc
さとう     大さじ1
ゆず輪切り    適量

 

 

 

★ 作り方
① ぶりの切り身に横から包丁を入れて
観音開きにして「ぶり用つけだれ」に
10分つける。

 

 

※ 大根を再利用する場合は②と③の工程
は飛ばしてください。

 

 

② 大根をぶりの観音開きの中にすっぽり
入る大きさに切って、米のとぎ汁の入った
圧力鍋で5分下ゆでする。

 

 

③ 出汁、薄口醤油、みりんで7~8分煮る。

 

 

④ ぶりの切り身で大根を包み竹串で開かな
いようにとめて、オーブン200℃で5分焼く。

 

 

⑤ 残ったぶりのつけだれを鍋に入れて煮詰
めて皿に敷きぶりをのせ白髪ネギと木の芽を
のせて、おろした柚子をふってできあがり。

 

 

 

■ぶり大根のつぶやき

 

 

 

 

上手に作ればお弁当に入れても
生臭くなくておいしいんですよね。

 

 

その他のぶり大根レシピ14品

みんなのきょうの料理「ぶり大根」こちら 

 

 

まとめ

 

先にも書いたように魚の臭みは、料理が
冷めたとき特に気になります。

 

 

そうなると残ってしまった後、翌日に
食べる気がしなくなってしまいます。

 

 

私も昔そうした経験があって随分勿体ない
ことをした記憶があります。

 

 

おいしければ翌日の献立の一品に加えられる
ものが、できないとなるとすごく損した気分

になります。

 

 

料理がおいしく出来上がるのは、こうした
地味な下ごしらえがあればこそなんです。

 

 

手間をかければかけるほどおいしくて

家族はあっという間に食べてしまいます。

 

 

そんな状況を見て
「も少し味わえよぉ」と、思ったりしますが

 

 

これも主婦冥利に尽きるってもんです。



Sponsored Links

 

レシピ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る