四季らぼ

手作り簡単!通園時に使える子供用ショルダーバッグの作り方を紹介

入園シーズンが近づいてくるとお母さん

たちは通園グッズの準備に大忙しですよね。

 

 

その中のひとつ、通園バッグは

園によって色々ルールが違います。

 

 

完全に自由だったり指定の

既製品を買うところもありますが、

 

 

細かいサイズ指定があって

手作りしないといけない園もありますよね。

 

 

手作りとなると普段から裁縫を

していないとなかなか大変ですが、

 

 

こどもが毎日持って出かけるものなので

経験がなくても手作りしたい!

という人は意外と多いようです。

 

 

今回は通園に使える子供用の

ショルダーバッグの作り方をご紹介します。



Sponsored Links

ふた付きショルダーバッグ

katabag001

 

All About』というサイトで

紹介されている方法をご紹介します。

 

 

 

【用意するもの】

・布(表地と裏地)

角カン×2、ベルト送り

・フェルト(アップリケ用)

・スナップボタン

・ボタン(飾り用)

・ハサミ

・ミシン

・針、糸など

 

 

型の作り方

katabag1

 

18cm×24cm×6cmの

バッグを作っていきます。

 

 

袋本体とフタの部分の型を用意します。

 

 

A4サイズの紙を

本体は4cmカットしたものを上下に2枚

フタは5cmカットします。

 

 

本体は25.7cm×42cm

フタは24.7cm×21cm

 

 

になっていれば大丈夫です。

 

 

katabag2

 

フタの型紙の下側の角に丸みをつけます。

 

 

丸いものを角にあてて

ペンなどでなぞると良いです。

 

 

katabag4

 

肩ひもはA4サイズの紙を半分に折って

カットしたものをつなぎます。

 

 

10.5cm×59.4cmの紙になります。

 

 

同じ幅で、角カンを通す布2枚と

縫いしろを隠す布も用意しておきます。

 

 

2.5cm幅ほどの持ち手テープを

130~140cm用意しておくと

この工程を飛ばせます。

 

 

katabag40

 

アップリケの犬の型です。

好きな絵柄に変更して大丈夫です。

 

 

縫い方

 

サイトでは縫い方も

分かりやすく解説しているので

詳しくはこちらを参照してください。

 

 

⇒【All About

 




Sponsored Links

型紙をダウンロードする

 

1から型紙を作るのは大変ですよね。

 

 

サイズに規定がなければ、

型紙をダウンロードして使う

というのもひとつの方法です。

 

 

型紙と縫い方の本をセットにして

販売しているサイトもありますが

 

 

無料でダウンロードできる

サイトもあるのでご紹介します。

 

 

imga1628b1fzik8zj

 

ファスナー、ポケットつき。

まちが8cmと10cmの型紙があります。

 

 

⇒【ハンドメイドのたから箱

 

 

 

he0938

 

マジックテープで開閉するタイプの

ふた付きショルダーです。

 

 

出来上がったら、自分で好きなアップリケや

刺繍を加えてオリジナリティを♪

 

 

⇒【Hoppelfin

 

 

 

1202_lessonshoulder23-thumb-480x360-3917

 

長さ調節の出来るショルダーと

フックにかけられる持ち手のある

フタつきバッグです。

 

 

⇒【手作りなら、思いのママ

 

 

v_2104L

 

メンファスナータイプの

可愛いふた付きバッグ。

 

 

アップリケの型紙までついてます。

 

 

そーいんぐ.com

 

 

Twitterで見つけた手作りバッグ

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

レッスンバッグなどに比べると

少し難しいかもしれません。

 

 

あまり自信がない…という方は

型紙はダウンロードにしたり、

 

 

シンプルな既製品を買って飾りを

アレンジするなどしても良いです。

 

 

装飾次第で十分に

オリジナリティは出せますよ。

 

 

どんな出来上がりでも、

お母さんが頑張って作ったバッグは

世界にひとつだけの大切なもの。

 

 

生地選びからお子さんと

一緒に準備していけば、きっと

素敵な笑顔が見られますよ♪

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る