四季らぼ

牛乳パック簡単工作 色々な動物の作り方♪

6fe8e182cd6b5a389821358d6086b01c_s-420x278

こどもが大好きな動物を

牛乳パックを使って作ってみませんか。

 

 

工作は手を動かしながら

立体的な構造を作っていくので

頭のトレーニングにもなります。

 

 

また、動物の特徴を

図鑑などを見ながら反映させれば

学ぶ機会にもなりますよね。

 

 

それでは、牛乳パックで簡単に

動物を工作する方法をご紹介していきます。



Sponsored Links

ペンギン貯金箱

08

 

 

 

【用意するもの】

・牛乳パック

・ペットボトル(500ml)

・色画用紙

・はさみ

・カッター

・のり

・ペン

 

 

 

01

 

牛乳パックに色画用紙を貼り付けて

写真のように一面だけ蓋になるように

長さを残して切ります。

 

 

あとで蓋を閉じるので

2cmほどのりしろを作っておくと

綺麗に仕上げられます。

 

 

02

 

蓋部分の中央に500円玉が入る

大きさの穴を開けます。

 

 

左右の面にはペンギンのはねを

入れる横3.5mm×縦3mmの穴を開けます。

 

 

03

 

ペットボトルに3cm幅の紙を巻いて

ふちをペンでなぞります。

 

 

1つめが出来たら紙をずらして

もう一箇所なぞっておきます。

 

 

04

 

ペンの線に沿ってカッターで切ります。

 

 

どこでもいいのでハサミを入れて

輪を短冊状にします。

 

 

05

 

全体に色画用紙を貼ったら

写真のように2つとも折り曲げます。

 

 

06

 

側面にあけた穴に羽を差込み

テープで留めます。

 

 

07

 

頭の蓋を閉じてのり付けし、

目や口、おなかの形を作って

色画用紙を貼り付けます。

 

 

08

 

できあがり!

 

 

お金を入れると

腕がパタパタ動きます。

 

 

⇒【キッズ@nifty

 




Sponsored Links

キリンさんの椅子

P_rc50301

 

 

【用意するもの】

・牛乳パック1L(59本)

・牛乳パック500ml(7本)

・段ボール

・色画用紙

・はさみ

・カッター

・ガムテープ

・のり

・ペン

 

 

土台の作り方

P_rc50324

 

 

新聞紙を詰めた牛乳パックに

もう1本別のパックをかぶせて

四角柱を作ります。

 

 

 

P_rc50325

 

 

同じものを2本作り

ガムテープで固定します。

これで土台の完成です。

 

 

基本パーツの三角柱

P_rc50321a

 

 

本体パーツになる三角柱を作ります。

 

 

牛乳パックを上の図のように切り開き

オレンジ色の部分を切り取ります。

 

 

 

P_rc50322

 

 

三角柱になるように

巻いてテープで固定します。

 

 

 

P_rc50323

 

三角に切り取った部分を

中に折り込みテープで留めます。

 

 

底は、三角柱の形に合わせて

ハサミで切ってテープで留めます。

 

 

この三角柱は

1Lの牛乳パックで55本

500mlの牛乳パックで7本

同様に作ります。

 

 

頭と首パーツの作り方

P_rc50326

 

三角柱を6つ組み合わせて

六角柱を作ります。

 

 

これを頭と首用に

3セット作っておきます。

 

 

胴体の作り方

P_rc50330

 

 

三角柱7本を

ジグザクに組み合わせ

テープで固定します。

 

 

1Lのパックで3セット、

500mlのパックで1セット作ります。

 

 

P_rc50331

 

 

作り終わったら、上図のように

組み合わせておきます。

 

 

間に段ボールを挟んでおくと

強度が増します。

 

 

P_rc50328

 

 

 

土台の4隅に三角柱を1本ずつ

しっかり固定します。

 

 

 

P_rc50329

 

さらに各3本ずつ三角柱をつけて

ガムテープなどでまとめます。

 

 

P_rc50332

 

 

土台の上に胴体を乗せ、

胴体のくぼみの部分に首と顔パーツを乗せます。

 

 

どうしても前部分が重くなるので

倒れないように重心の位置を確認しながら

しっかり固定していきます。

 

 

角や耳、顔などの装飾をしたら

完成です。

 

 

⇒【リサクルクラフト

 

 

パクパク人形の作り方

DSC00386-thumbnail2

 

口がパクパクと開くお人形です。

動物たちのお人形劇をして楽しめますね。

 

 

【用意するもの】

・牛乳パック

・色画用紙

・はさみ

・ガムテープ

・定規

・ペン

 

 

 

画像1

 

口を開いた牛乳パックの底から

5cm上にペンで線を引きます。

 

 

折り目がつくように

強く押して書いてください。

 

 

画像3

 

パックの口から先ほど引いた線まで

対角線上に2箇所ハサミで切り込みを入れます。

 

 

画像5

 

切込みを入れたら

線を入れたところで折り返します。

 

 

画像7

 

反対側も同様に折り返します。

 

 

画像8

 

裏返して、握る部分になるパックの底を

半分に折るようにして形を整えます。

 

 

画像9

 

白いほうの面に

好きな動物の絵を描きます。

 

 

画像10

 

絵に沿って余白を切り落としたら完成。

お好みで色紙を貼ったり

印刷した絵を貼って装飾してください。

 

 

余った部分にご飯の絵を描いて

食べさせてあげても良いですね!

 

 

⇒【のびすく

 

 

ゾウさんの作り方

20140411201714341

 

口を開いた牛乳パックを

折り目まで4辺とも切り目を入れます。

 

 

となり合う2辺はそのまま下まで

ハサミを入れて1つの面を切り取ります。

 

 

残った切り込みを入れた口の部分は

畳み込んでテープで固定します。

 

 

半分程度の長さに切った牛乳パックを2本、

先ほど切り取った面に差込み足にします。

 

 

ゾウの顔の形に切り抜いた牛乳パックの

底をとりつけ尻尾を貼り付けたら完成です。

 

 

目を描いたり

色紙を貼って装飾してください。

 

 

ジンベイザメの作り方

2013_05_31

 

牛乳パックの底から5cm幅のところまで

ハサミで切り込みを入れます。

 

 

左右の面を切り込みまで折り返して

後ろで固定して尾ひれを作ります。

 

 

上下の面は中に折り込み、写真のように

口が開いているような形に調整します。

 

 

三角に切った背びれを背中につけて

青い色紙やペンで色を塗ったら完成です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 

お子さんと作られる場合は

カッターなどの刃物の取り扱いに

十分気をつけて作業してください。

 

 

パクパク人形は

好きな動物の絵をかけるので

色々な動物をコレクションしてみるのも

いいかもしれませんね♪

 



Sponsored Links

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る