四季らぼ

簡単ファスナー付きでフリルで大きいトートバッグの作り方

612x460_wlimited-420x315

帆布のトートバッグは

ナチュラルでありながら見た目も上品で

ひとつは持っていたいバッグですね。

 

 

今回は帆布の生地を使って出来る

手作りのトートバッグの作り方をご紹介します。

 

 

より華やかにするためのフリルの付け方も

一緒にご紹介しています。



Sponsored Links

大容量マチ付きトートバッグ

 

677b0777086eba6b0c10d2c72e86a707

 

沢山荷物を入れられる大きめバッグの作り方です。

こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

 

⇒ 【ファスナー付きトートバッグの簡単な作り方♪ | ネットの知恵袋

 

材料

 

材料

 

表布・持ち手用(こげ茶)・・・100cm巾×50cm

裏布・口布用(白地)・・・100cm巾×50cm

ファスナー(35cm)・・・1本

接着芯・・・70×50cm

 

 

作り方1と2

 

 

作り方1と22

 

表布、持ち手、接着芯を切ります。

 

 

表布用の接着芯はアイロンで貼ってから

表布と一緒に切る方法もラクです。

ぬいしろを含んだ大きさなのでこのまま切って大丈夫です。

 

 

作り方3

 

裏布、口布、ポケット布を切ります。

こちらもぬいしろを含んだ大きさなのでこのまま切ります。

 

文章

作り方5

 

表布に接着芯を貼ります。

接着芯を貼った表布を中表に半分に折ります。

両脇をぬいしろ1.5cmずつ開けてぬいます。

 

作り方6

 

表布の底を三角につまんでマチが12cmになるよう縫います。

縫った後に三角の部分は切ります。

 

作り方7

 

持ち手を作ります。

持ち手の中央に合わせて接着芯を貼っておきます。

幅が1.5cmになるように
両端から1cmずつ折って、両端をミシンで縫います。

 

作り方8

 

持ち手を同じ様に2本作ります。

 

作り方9

 

口布2枚をそれぞれ外表に半分に折り
輪っかになっている方にファスナーを付けます。

5cmずつ両端を縫わずに開けておきます。

 

作り方10

 

ファスナーを縫いつけたら口布を開き
外表になるように合わせ両端を縫います。

縫いしろは1.2cmで。

 

作り方11

 

縫ったら表に返して

口布が写真のような状態になります。

 

つくりかた12

 

下側から口布を見たところです。

 

つくりかた13

 

表布を表に返して
脇から14cmの所で持ち手を留めておきます。

持ち手がねじれないよう注意しましょう。

 

つくりかた14

 

口布を表布の上端に中表の状態で合わせ

写真のようにかぶせます。

 

作り方15

 

表布と口布をぐるっと一周ぬいしろ1.5cmあけて縫います。

しつけ糸で持ち手や口布がずれないように

留めてからミシンで縫います。

 

 

作り方16

 

口布を表に返しピンクの線のような感じで
袋の口から0.5cmの所を一周ミシンで縫います。

しつけ糸で留めてからミシンを使うといいです。

 

 

作り方20

 

裏布を中表に半分に折って

両脇をぬいしろ1.5cm開けて縫います。

 

作り方21

 

裏布の底をマチが12cmになるように

三角につまんで縫います。

表布と同じ様に三角の部分は切り落とします。

 

作り方22

 

裏布の口を1.5cm折り返します。

 

作り方23

 

表布の中に裏布を入れて合わせて

口布のぬいしろの部分に裏布をまつり付けます。

 

作り方24

 

バッグを上から見た所です。

後は好みでテープやレースなどで飾りつけて完成です。

 




Sponsored Links

シャブリエ風トートバッグ

 

syatop

 

シャブリエのトートに似た形のバッグの作り方です。
こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

 

⇒ 【ファスナー付きトートバッグ(旧呼び名:シャプリエ風トートバッグ)|fabricsの毎日

 

材料

 

表布側面・・・縦38cm×横53cm×2枚

底・・・縦22cm×横33cm×1枚

ファスナー布・・・縦6cm×横53cm×2枚

裏布側面・・・縦32cm×横53cm×2枚

底・・・縦22cm×横33cm×1枚

両開きファスナー・・・45cm×1本

持ち手(手提げサイズ)・・・37m×2本

 

1t02200391_04800854107669880952t02200391_0480085410754450670

 

パーツを切り取りします。

ファスナーをぬいしろ1cmで縫って

両脇をぬいしろ1cmで縫います。

 

 

右の写真のようなこんな形になります。

 

3t02200391_04800854107528155144t02200391_0480085410752815515

 

表布の側面を両脇ぬいしろ1cmで縫います。

底布を真ん中で合わせ1辺ずつ縫います。

 

 

この時両端1cmは残しましょう。

残した1cmに切り込みを入れます。

 

5t02200391_04800854107528245836t02200391_0480085410752820272

 

切り込みを入れた所の拡大写真です。

次に残りの2辺をそれぞれ縫います。

 

7t02200391_04800854107528202748t02200391_0480085410766986090

 

底の表からステッチしていきます。

難しい型は飛ばしてOKです。

 

 

角は縫いにくいのですが

縫い代を内側に倒して一緒にして縫いましょう。

 

9t02200391_048008541075282169210t02200391_0480085410752821693

 

同じように裏生地も縫って

ぬいしろはアイロンをかけて倒しておきます。

 

 

表布に持ち手を仮止めしておきます。

テープとテープの間は約12cmにしましょう。

表地はぬいしろ4cmの所で折りまち針でとめておきます。

 

 

裏袋を中に入れて約3cmほど

ぬいしろを見せた状態でまち針で止めて

ぐるりと1周縫っていきます。

 

11t02200391_048008541075445066612t02200391_0480085410754450665

 

ファスナー布の縫い代1cmの所を折ってまち針でとめます。

バッグの口をまち針で止めて

1周ぐるりと縫うと完成です。

 

フリルの付け方

 

c807ebc281c3313219df7bad8354db61_thumb

 

材料

 

フリル用の花柄の布

1.5㎝幅のバイヤス 25~30㎝×5本

 

8391330e940fa82e448b89bacf1d6c3c

 

ミシンの針目を4~5mmぐらいに粗く設定します。

1.5㎝幅の中心を直線で縫います。

 

 

縫い終わりを押さえながら下糸を少しずつひっぱって

ギャザーを寄せます。

 

d513491ba6cc691535326c304d3178dc

 

外袋の表の面に真ん中からフリルを並べて

長さなどを調節しながら待ち針でとめて縫いつけます。

 

フリルの付け方・動画

 

 

フリル付きバッグ・デザインサンプル

 

フリルの作り方をマスターしたら次はデザインです。

付け方によって雰囲気が変わるので参考にしてみて下さい。

 

o0640048012998076504

 

バッグの周りにフリルを付けたもの。

 

⇒ 【フリルトートバッグ|ローズココのブログ 大人可愛いファッションと雑貨のショップ

 

 

resize1027

 

バッグ全体にフリルを付けたもの。

 

⇒ 【フリルバッグ完成です◆: 日刊!うさぎ新聞

 

chougranny_out

 

バッグの斜め口につけたもの。

 

⇒ 【柄にも無く手作り: グラニーバッグ アレンジ

 

P0143PBG276

 

スカートのようにぐるりと付けたもの。

 

⇒ 【フリルバッグ

 

皆の手作りトートバッグ

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

帆布はとても固い布ですが

11号などの柔らかくて薄めの帆布を使えば

お家のミシンでも縫う事ができます。

 

 

接着芯などで補強したり

底板を使ったりすることで

より一層丈夫になって使いやすくなりますので

 

 

レシピに沿ってしっかり作ってみて下さいね。



Sponsored Links

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る