四季らぼ

牛乳パック工作!車や電車が簡単に手作りできます♪

085178-350x350

小さな男の子が大好きな乗り物といえば

車や電車ですよね。

 

 

ご家庭にある身近な素材を使って

お手製のオモチャを作ってみませんか?

 

 

必要なのは、牛乳パックと少しの道具だけ。

 

 

それだけで車や電車を簡単に

工作することが出来ちゃうんです!

 

 

お子様にも一緒に手伝って貰えば

出来上がったオモチャへの思い入れも増しますし

作る工程自体を楽しむことも出来ますよ。



Sponsored Links

新幹線の作り方

aa41d9d17e004479cd1132480ae276e2-400x266

 

 

【用意するもの】

・牛乳パック

・画用紙

・色紙

・ペンやクレヨン

・ハサミ

・のり

・セロハンテープ

 

 

わくわく子育て研究所」というサイトさんで

紹介されていた新幹線の作り方をご紹介します。

 

 

fb809bb5eb440af059730a1d7b96a413-400x266

 

口を開いて洗って乾かしておいた

牛乳パックの4辺を上部の折り目まで

ハサミで切ります。

 

 

ec2b39e19d858dd4328ba045372c6ecf-400x395

 

写真のように2箇所だけ

4cmほどさらに切りこみを入れます。

 

 

a1ea1f012874ace42c7771917d61fdf2-400x266

 

切込みを入れた面の両脇の

フタ部分を切り取ります。

 

 

6dfcd8cff6dc2ab8e5412cc34b4ace80-400x347

 

切込みを入れた部分を

内側に三角に折り込みます。

 

 

dd3400fb41ab36c334de4b5d6eb7ec70-400x282

 

下、上の順番に内側に折って

セロハンテープで留めます。

 

 

a7f5dc99a847800bc3c22e2a12f40c6e-400x266

 

これで新幹線の形になりました。

 

 

6738c49695a7ac6cdffe4a9356f59450-400x266

 

色紙を直接貼ると透けてしまうので

一旦白い画用紙を全体に貼ると良いです。

 

 

35d0a65733ffa3f9513559a18dbc0c76-400x266

 

上から画用紙で窓やラインを貼り付けます。

これで完成。

 

 

お好みで、ペンやクレヨンで

窓に人を描いたりして装飾してみてください。

 




Sponsored Links

中にプラレールを入れて走らせよう

6d03bb0d51efbcbceb96c66abb9e4556-400x266

 

上部を切り開き

プラレールを入れます。

 

 

2675026a1021e140e81e7b1b047238c4-400x266

 

裏側にタイヤに合わせた穴をカッターで開けます。

 

 

 

牛乳パックで作った電車が

レールの上を走っていきます。

 

 

お子さんは大喜び間違いなしですね。

 

 

一般的な電車の作り方

IMG_0070

 

 

【用意するもの】

・牛乳パック2本

・新聞紙

・カラーガムテープ

・色紙

・ペン

・ハサミ

・のり

・セロハンテープ

 

 

t02200293_0375050010186019710

 

2本とも上部は切り取り、

片方は一辺だけハサミで切ります。

 

 

t02200293_0375050010186019717

 

切りこみを入れなかったほうに

新聞紙を詰めます。

 

 

t02200293_0375050010186019726

 

新聞紙を詰めたパックを

切れ目を入れたパックで包みます。

 

 

t02200293_0375050010186019730

 

テープで留めて基本形の完成です。

 

 

中に詰め物をしているので

踏んでしまっても簡単には潰れません。

 

 

⇒【手作りおもちゃで子育て

 

 

この基本形に

カラーガムテープを綺麗に巻いて

ペンや色紙で窓やラインの装飾をすれば完成。

 

 

なんでもヨダレまみれにしてしまうような

年齢であれば、全体をセロハンテープで巻いて

コーティングしておくと安心です。

 

 

後ろに磁石やマジックテープをつければ

連結させて遊ぶことも出来ますよ。

 

 

⇒【家のごはん

 

 

車の作り方

kuruma1

 

 

【用意するもの】

・牛乳パック

・ストロー2本

・竹ひご2本

・ペットボトルのふた4個

・ペン

・ハサミ

・きり

・セロハンテープ

 

 

簡単おもちゃの作り方 工作図鑑」というサイトで

掲載されている作り方をご紹介します。

 

 

kuruma2

 

まずは上記の材料を揃えます。

 

 

kuruma3

 

牛乳パックの側面に車の形を描き

それに沿ってハサミで切ります。

 

 

kuruma4

 

車の形をした箱になったら

テープで開かないように留めていきます。

 

 

写真ではペンで窓を塗っているだけですが

色紙を全体で覆ってから書き込んでも良いです。

 

 

kuruma5

 

車体の下にストローを貼り付けます。

 

 

竹ひごの長さよりも短くなるように

長さを調節します。

 

 

kuruma6

 

ペットボトルのフタの中心にキリで穴を開けます。

キリは危ないので、必ずお母さんが作業してください。

 

 

片方のフタに竹ひごを刺したら

ストローを通して、反対側もフタをします。

 

 

kuruma7

 

外側からフタに接着剤をつけて竹ひごを固定して完成。

上からシールなどを貼って塞いでおくと安心です。

 

 

ストローの中で竹ひごが回転するので

手で押せば前進します。

 

 

タイヤ部分は黒いフェルトなどで覆うと

一気にタイヤっぽくなります。

 

 

電車・車のアレンジ例

DSCF4323

 

新聞紙を詰めた牛乳パックを

フェルトで包んでいます。

 

 

窓やライトの再現が細かい!

 

 

⇒【mère sucrée

 

 

f0040449_16442157

 

紐で引っ張って遊ぶ電車。

連結させて家の中を走らせたら楽しそうです。

 

 

⇒【ボヤキ

 

 

t02200293_0480064010298887700

 

実際にこどもが乗れる車です!

 

 

新聞紙をつめた牛乳パックを14本

使って出来ています。

 

 

キャスター付きなので

コロコロ動いて遊べます。

 

 

⇒【手作りおもちゃで子育て

 

 

DUMPCAR-1-1

 

ダンプカー。

荷台が上に持ち上がるようになっています。

 

 

⇒【築地制作所

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

ほとんど材料費をかけずに

しばらく遊んで貰えそうなオモチャが

簡単に出来ますよね。

 

 

小学生になったら自由研究でも

使えますので覚えておいて損はないです。

 

 

ペットボトルのフタなど、

誤飲の恐れのある小さいお子様の場合は

車輪などをつけずに牛乳パックだけで

形を作ってあげるようにしてくださいね。

 

他にも牛乳パックでこんなものが工作できます^^

 

⇒ 牛乳パックで小物入れを簡単工作

 

⇒ 牛乳パックを使った本棚の作り方


Sponsored Links

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る