四季らぼ

こいのぼりゴミ袋とビニール袋で簡単工作する方法

92f2a80641abf4eab0f6436ae70c8e3c_s-420x278

5月の端午の節句に合わせて

4月上旬ごろから空にたなびく鯉のぼり。

 

 

春の風物詩ですよね。

 

 

とはいっても、

大きなこいのぼりはお値段が結構したり

かさばるので持っていないという方も多いはず。

 

 

今回ご紹介するのは、お子様と一緒に

製作出来る簡単な手作りこいのぼりです。

 

 

ゴミ袋やビニール袋があれば

作れますので是非挑戦してみてくださいね♪



Sponsored Links

ビニール袋で作る

a0124689_2333125

 

 


【用意するもの】

・透明なビニール袋

・色紙

・サインペン

・両面テープ

 

 

透明なビニール袋に空気を入れて結び

両面テープでウロコや目を貼り付けています。

 

 

cc63cfba795d7c29dcc7355eb1b44b43

 

色紙がなければ

マジックペンのみでも大丈夫。

 

 

2070430_000

 

こちらはスーパーのレジ袋に

マジックで鯉のイラストを書いています。

持ち手側を棒に結べば、風にはためく鯉の出来上がり。

 

 

傘袋で作る

imga6bb9d7fzik3zj

 

 

【用意するもの】

・傘袋

・色紙

・サインペン

・両面テープ

・たこ糸

・新聞紙か色紙を丸めた棒

 

 

傘袋に空気を入れて縛り、色紙で作った

ウロコや目を両面テープで貼ります。

 

 

新聞紙や色紙を巻いて作った棒に

糸でくくりつければ、持って走って遊べます。

 

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

棒に直接セロハンテープなどで

貼り付けても良いです。

 

 

傘袋が長いと感じたら、

開いているほうの口を好きな長さに切ってみてください。

 




Sponsored Links

ゴミ袋で作る

content_image

 

 

【用意するもの】

・ゴミ袋

・折り紙やシール

・厚紙

・両面テープ

・たこ糸かビニール紐など

 

 

ゴミ袋を切り開いて一度長方形にし

つなぎ合せてから筒状に戻せば

いくらでも大きい鯉のぼりが作れます。

 

 

その際、ビニール同士の隙間がないように

テープなどでピッチリ留めないと

空気がもれてしまって風になびきません。

 

 

f0089329_1519527

 

口になるところの円周に合わせて厚紙を細長く切り

丸く輪にしてビニールと合わせてとめると

空気の入り口が安定します。

 

 

厚紙の四方に穴を開けて紐を通せば

棒に括りつけることもできますよ。

 

 

厚紙のかわりに針金やプラスチックの投げ輪を

使っても大丈夫です。

 

 

dsc_0927

 

ゴミ袋の色を変えれば

カラフルな鯉もできますね。

 

 

みんなの手作り鯉のぼり

 

 

 

 

 

 まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

とっても簡単ですよね!

 

 

身近な素材だけで作れますので

毎年違うこいのぼりを作れちゃいます。

 

 

子供の自由な発想で飾りをつけて

世界でひとつだけのカラフルな鯉を

泳がせてあげましょう。

 

 

お休みの日にご家族全員で作業して

お父さん鯉、お母さん鯉、お子さん鯉などを

作られてみてはいかがでしょうか。

 

他にもこいのぼり工作に関する情報をまとめています^^

 

⇒ 0~4歳児でもできるこいのぼり製作

 

⇒ クラフトを使ってこいのぼり工作をしよう!

 

⇒ つまようじを使ったこいのぼりの作り方



Sponsored Links

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る