四季らぼ

松花堂弁当とは?盛り付けや中身を紹介します♪

85ad818479c382171b600ef6c6477406_s-420x280

とっても美味しそうなお弁当ですよね?

写真はよくある幕ノ内弁当の写真です。

 

 

ところで、松花堂弁当(しょうかどうべんとう)

と呼ばれるお弁当をご存じでしょうか。

 

 

見た目は幕ノ内弁当にそっくりなのですが

その中身やルーツには松花堂弁当特有の

大きな違いや魅力があります。



Sponsored Links

松花堂弁当を知ろう

 

まずは松花堂弁当について詳しく

解説していきます。

 

 

松花堂弁当には歴史の中でのルーツや

中身についてさまざまな特徴があります。

 

松花堂弁当とは

 

松花堂弁当とは一般的に

四角い弁当箱の中を十字に仕切ります。

 

 

それに料理を詰め込んだ弁当のことで

会席料理などにも良く用いられています。

 

 

★松花堂弁当の起源

 

その起源の歴史は古く

江戸時代初期にまでさかのぼります。

 

 

まず石清水八幡宮にあった瀧本坊の

僧侶であった松花堂昭乗が箱を

作ったと言われています。

 

 

元々は農民が使っていた種を入れる箱が

十字で内側を仕切ってあるのを気に入り

 

 

茶会などで煙草盆や絵の具箱として

よく使っていたそうです。

 

 

これは江戸時代の茶会の記録に

瀧本の墨絵としても残っています。

 

 

★松花堂弁当の普及

 

その茶会に日本料理では有名な

きっちょうの創始者が訪れ

 

 

昭乗の使っていたこの四つ切り箱に

ほれ込み改良を加えたのが

松花堂弁当のはじまりだと言われています。

 

 

器が十字に仕切られていることが

最も重要視されて大きさや縁の高さなど

様々な改良が加えられています。

 

 

いかに料理を美しく美味しく見せるかと

さまざまな工夫がかけられています。

 

 

松花堂弁当の中身

8130758e52d089737db7c67c2088d1d7_s

 

松花堂弁当の大きな特徴は

容器の中身が十字に仕切られていることですが

中身のおかずについては明確な定義はありません。

 

 

しかし並べ方には一定の法則があります。

 

 

★会席料理式での盛り付け

 

松花堂弁当の元祖である吉兆では

向付を右奥にして左奥が御菜を入れます。

 

 

次に左手前に煮物を入れて

右手前にはご飯が一番最後に盛り付けられます。

 

 

また元々は会席料理の流れを汲んでいるので

その作法がたくさん取り入れられており

基本的には会席料理の定石どおりになっています。

 

 

★日本料理式での盛り付け

 

会席料理式に対して日本料理を基本とした

盛り付け方も存在しています。

 

 

日本料理の盛り付けに関して

右に出る者がいないほどの大御所である

志の島忠によってその盛り付けが確立されました。

 

 

その盛り付け方は左手前にご飯を入れて

右手前は向付を入れます。

 

 

さらに左奥には煮物を入れて

右奥が御菜といった盛り付け方になっています。

 

 

この盛り付け方の違いは会席料理と

日本料理の料理に対する考え方の違いから生まれています。

 

 

★考え方の違い

 

まず懐石料理ではご飯は食べる人の
存在を前提に盛りつけがされています。

 

 

一番最後に箸をつけるのがご飯だと考えられ

それで最後に盛り付けられるようになっています。

 

 

一方日本料理では最初に箸をつけるのが

お造りであるという考え方から右手前の
取りやすい位置に盛り付けられています。

 

 

この他にも時代の流れとともに

様々な形式の松花堂弁当も出てきています。

 

 

箱の区切りも四つ切にこだわらず、

9つや12に区切るなどさまざまです。




Sponsored Links

松花堂弁当を食べるには?

 

松花堂弁当は今や

全国各地に普及しています。

 

 

身近なところでも調べてみると

松花堂弁当が食べれるお店はたくさんあります。

 

 

その中でも一番おすすめの

本場京都にある吉兆をご紹介します。

 

京都 吉兆の松花堂弁当

 

松花堂弁当を食べるならば

ぜひ一度元祖である吉兆の

松花堂弁当を食べてみましょう。

 

 

京都には吉兆の店舗が

数店舗ありますがその本店は嵐山にあります。

 

⇒【京都 吉兆のホームページ

 

 

やはり一番歴史ある本店の味は

伝統を守り古来からのおもてなしの心に

しっかりと基づいた味が楽しめます。

 

京都 吉兆の口コミ

 

松花堂弁当の原点であり

また長い伝統を守る老舗である

 

 

京都 吉兆の各店舗には毎日多くの人が

訪れて様々な評判を呼んでいます。

 

 

 

まとめ

 

知ればきっと食べたくなる松花堂弁当の

魅力がお分かりいただけたでしょうか。

 

 

いつかは本場京都の松花堂弁当を

食べてみたいものですが

 

 

まずは身近なところからでも

味わうことはできるので

 

 

一度食べてみてはいかがでしょうか。



Sponsored Links

 

その他

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る