四季らぼ

雪の結晶切り絵の作り方 型紙や画用紙で簡単!

タイトル1-261x350

冬になるとイベントごとも多くなってきますよね

クリスマスにお正月、バレンタインデー・・・

 

 

そんなときに装飾として役に立つのが

雪の結晶の切り絵です。

 

 

すごくきれいに装飾できますし

紙の大きさを調整することでどんなところも

装飾することができます。

 

 

ですがそんなに簡単に作ることができるのでしょうか。



Sponsored Links

基礎知識『6つ折』

 

雪の結晶だけでなく、切り絵をするなら

ぜひマスターしておきたいおりかたです。

 

 

基本の折り方にして、これが無いと作ることが

できないような切り絵もあります。

 

 

6つ折の作り方

 

 

1、まずは正方形の紙を用意します。

 

 

2.斜め半分に折ります。

色が両面で違う場合は色がついている方を

内側にしてください

 

 

3、三角形をさらに半分に折り、折り目を付けて元に戻します。

 

 

4、上側の三角形の頂点が、底辺に重なるように折ります。

 

 

5、さらに半分に折り、折り目をつけて元に戻します。

そうすると折り目が3本入っているはずです。

 

 

6、上側の三角形の頂点を3番目の折り目に重なるように折り

折り目をつけて元に戻します。

 

7、最後に三角形の両サイドを折ります。

その際さっきつけた折り目と、底辺の真ん中が一直線に

なるように折りましょう。

 

 

 

これで6つ折が完成です。

 

【6つ折】

※6つ折りの紹介は~3:00です。

 

 

これから紹介する雪の結晶は

すべてこの6枚折から始まります。

 

 

いろいろな切り絵に応用がきくので

ぜひマスターして有効に活用してください。

 

『樹枝六花』

 

雪の結晶といえばこの形を思い浮かべる人が

ほとんどではないでしょうか。

 

 

一番シンプルな雪の結晶で難易度もそれほど

高くありません。

 

 

樹枝六花 - コピー

 

 

では作り方を見ていきましょう。

 

 

樹枝六花の作り方

 

 

1、まずは6つ折を作ります。

 

 

2、三角形を作るように、上側の不要な部分を

切り落とします。

 

 

3、三角形にこのように線を書き込みます。

 

 

樹枝六花

 

 

4、この線通りに、はさみで切って広げると完成です。

 

 

 

 

もっとも オーソドックスな形だけに

作り方もとっても簡単です。

 

 

【樹枝六花】

『枝付角板』

 

樹枝六花よりも少し難易度が上がるかもしれません。

線をしっかりと書くのがポイントです。

 

 

枝月

 

 

枝月角板のつくりかた

 

 

1、6つ折をつくります。

 

 

2、上側の不要な部分を切り取ります。

 

 

3、図のように線を引きます。

 

 

枝月角板

 

 

4、線通りに切り取り、開いたら完成です。

 

 

 

 

6つ折をさらに半分に折るため、紙が分厚くなってしまいます。

もし画用紙や型紙などの固めの紙を使って

 

 

切り絵を作成する場合は、クリップなどを

有効に活用してみましょう。

 

 

【枝付角板】

 

 

『羊歯状六花』

丸みを帯びた枝先が特徴です。

いかにこの丸みを出せるかがポイントです。

 

 

羊歯

 

 

羊歯状六花の作り方

 

 

1、6つ折をつくります。

 

 

2、6つ折をさらに半分に折ります。

 

 

3、上側の不要な部分を切り取ります。

 

 

4、図のように線を引きます。

 

 

羊歯状六花

 

 

5、線通りに切り取り、開いたら完成です。

 

 

 

 

丸くなる部分をいかに上手に切ることができるかが

羊歯状六花をうまく作るコツです。

 

 

きれいな曲線を切るということは、他の切り絵でも

重要になってくるのでぜひ練習してみましょう。

 

 

【羊歯状六花】

 

『広幅十二花』

 

今度は枝が12本になります。

開いたときにとても華やかになるので

とても綺麗な仕上がりになります。

 

 

幅広

 

 

広幅十二花の作り方

 

 

1、6つ折をつくります。

 

 

2、上側の不要な部分を切り取ります。

 

 

3、図のように線を引きます。

 

 

広幅十二花

 

 

4、線通りに切り取り、開いたら完成です。

 

 

 

 

こんなに細かく切れるかな・・・

と心配になるかもしれませんが

 

 

細かい部分は開いたときに修正すれば

大丈夫です。

 

見た目は1番きれいです。

切込みの数も1番多いので、カッターを使う際には

十分注意しましょう。

特に画用紙のような固い紙を使う際には十分注意してください。

 

 

まとめ

 

このように6つ折ができてしまえば

後はしっかりと線を入れることができれば

切り絵は簡単に作ることができます。

 

 

それこそ子どもでも作ることができるほど

簡単にできます。

 

 

6つ折は雪の結晶だけでなく動物の

切り絵などにも利用することができるので

子どもたちも大喜びです。

 

 

ですが、子供に切り絵を教えるときは、はさみや

カッターなどの刃物には充分に気を付けるように

しましょう。

 

 

安全で楽しく切り絵を作っていきましょう。



Sponsored Links

 

作り方特集

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る