四季らぼ

桜のお守りの作り方/布や紙を使って手作りしよう♪

top

 

幸運や厄除け、桜の時期には受験など
日本各地にある神社にはそれぞれを
祈願するお守りがあります。

 

 

もちろんそこまで赴いて参拝し購入する
お守りも良いものですが

 

 

手作りして渡すお守りは相手を思う気持
ちが込められていて貰う人はとてもうれ
しいものです。

 

 

それが特に受験や試合など自分の力を発
揮したい場所では心強い味方になってく
れるはず。

 

 

春に満開のサクラが咲くように桜のお守り
の作り方を紹介します。



Sponsored Links

布で作る桜のお守り袋の作り方

 

 

材料
布 約6cm×約20cm
紐 50cm~
厚紙

 

 

 

作り方
① 厚紙を6cm×4.5cmの長方形に切る。
これがほぼお守りの大きさになります。

 

 

② 縦長の布を中表にして半分に折り
輪を下にして厚紙をのせて図のように
布をカットします。

 

111

 

 

 

③ カットした布の両脇を5mmの縫い代で
縫い合わせます。

 

 

④ 縫い代を倒したら口の部分の上から
1.5cmのところで外側に折込みしっかり
折り目をつけます。

 

22

 

 

 

⑤ 表にひっくり返して口部分の両角を

横1cm縦1.5cmで斜めの線で内側に折

込みます。

 

33

 

 

 

⑥ 口部分にバランスを考えて目打ちなどで
穴を開けて二重叶結びにした紐を通して
裏で結ぶ。

 

888

 

 

 

⑦ ピンクのフェルトを桜の形にカットして
黄色いビーズを糸で桜の中心に縫いつけて
お守りの本体にボンドでつける。

 

999

 

 

 

※ お守りに文字を入れたいときは布を
カットした後、縫い付ける前に刺繍した

方がやりやすい場合もあります。

 

 

「サクラサク」「合格」「成」「祈」など
カタカナや簡単な漢字が刺繍しやすいです。

 

 




Sponsored Links

紙で作る絵馬形桜お守りの作り方

 

 

材料
台紙用の厚紙 5cm×4cm
本体用の色紙 10cm×11cm
桜の花用色紙 適量
リボンor紐など 好みの長さ

 

 

 

作り方
① 図を参考に厚紙で五角形の絵馬型
を作ります。

 

11

 

 

 

② 色紙を縦長方向に裏を上にして置き、
上の辺から2cmのところで横に折る。

 

 

③ 台紙の尖った部分が横辺の中央に来る様
配置して折り目に挟む。

 

 

④ 台紙絵馬の屋根の部分に沿って斜めに折
り目をつけて元に戻す。

 

22

 

 

 

⑤ 上の1枚だけ、折り目をつけた線を山折り
にしてつけた折り目通りに開いて折る。

 

33

 

 

 

⑥ 台紙の側辺に沿って左右を折りこむ。

 

44

 

 

 

⑦ 飛び出した部分は内側に折る。

 

55

 

 

 

⑧ 台紙の底辺に沿って折り、残った端部分
は図のように入れ込む。

 

66

 

 

 

⑨ 桜色の色紙をさくらの花型に切り取り
好みで本体に貼り付ける。

 

 

⑩ 本体上部の適当な箇所に穴をあけて紐や
リボンを通す。

 

777

 

 

 

出来上がりはこんな感じ。

 

IMG_0230

 

 

 

裏はこんな風になってます。

 

IMG_0233

 

 

※本体に文字を書いたり貼ったり、中に
願い事を書いて入れたりしてもいいです。

 

 

手作りお守りのつぶやき

 

   

 

 

やっぱり手作りってほのぼの感もあるし

気持ちが伝わりますよね。

 

 

まとめ

 

自分はひとつめに紹介したお守り袋を
作って「お金がカエル」や「布袋様」の
お守りを入れています。

 

 

あまりたくさん一緒にすると神様が喧嘩
して良くないっていいますが、そこはあ
まり深く考えません。σ(ˆˆ)

 

 

popo

 

 

 

ご覧のようにいつも鞄に入れており年期
も入っているのであまりきれいではなく
なりました。

 

 

この記事を書いた機会に新しく作り代え
ようかと思っています。

 

 

お土産にお守りを頂いてどうしていいか
迷ったりしたときは手作りしたお守り袋
に入れておくのもいいですよ。


Sponsored Links

 

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る